レジデントロード

【泌尿器科】塩見 叡先生
(岩手医科大学医学部 泌尿器科講座)-(前編)

塩見先生

――泌尿器科に興味を持ったのはいつ頃でしたか?

塩見(以下、塩):5年生の臨床実習の時に手技を経験させてもらい、面白そうだと思いました。授業では泌尿器科が外科系というイメージがなかったのですが、実際に回ってみると手術の機会も多く、意外と外科らしいと感じました。一方で泌尿器科では、腎不全や感染症といった内科的な疾患も診ます。私は、外科も内科も両方やりたいと思っていたので、泌尿器科はとても魅力的でした。

――兵庫県出身とのことですが、地元に帰らず、岩手に残られたのですね。

:はい。泌尿器科の教授がとても熱心な方で、この先生のもとで学びたいと思ったからです。また、大学在学中に東日本大震災を経験したこともあり、育ててくれた岩手に恩返しをしたいという思いもありました。

――臨床研修は、県立久慈病院で行われたのですね。

:はい。久慈病院は久慈医療圏の唯一の中核病院として、すべての救急患者を受け入れています。臨床研修では救急をしっかり学びたかったのと、先輩からの評判も良かったこともあって、久慈病院を研修先に選びました。ここでは夜間当直は基本的に臨床研修医に任されていたので、内科も外科もある程度は診られるようになりました。

また岩手県では、県全体で臨床研修医を育てる取り組みが盛んに行われています。例えば、臨床研修医の合同勉強会や、熱心な救急医が沿岸部の病院を回って指導してくださる機会があり、とてもありがたかったです。

――救急以外には、どんな診療科を回りましたか?

:特に力を入れたのは循環器です。岩手では、腎不全や慢性腎臓病などの腎臓内科領域の疾患も、主に泌尿器科が診ているんです。腎臓病の患者さんは体に水が溜まりやすく、溢水や胸水なども診る必要があるため、循環器はしっかり学びました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら