つらい時も、医師としての仕事が心の支えになった
~耳鼻咽喉科医 椋下 直子先生~(前編)

今回は、高知県で開業医として働く椋下先生に、同じく医師であったご主人を亡くされた時のお話と、医師として働き続けることへの思いを伺いました。

あらゆる人の手を借りて
出産・育児と仕事を両立

計田 けた (以下、計)(写真左):先生は、むくした耳鼻咽喉科の院長として地域の方々の健康を支えていらっしゃいます。まず、医師を志したきっかけからお聞きしてもよろしいでしょうか。

椋下(以下、椋)(写真右):専業主婦だった母がよく「手に職をつけなさい」と言っていたことでしょうか。私は理系でしたし、医療にも興味があったので、医師という職業に魅力を感じました。

高知大学の医学部に入り、そこで同級生だった夫と出会いました。私は耳鼻咽喉科に、彼は整形外科に入局した後、結婚しました。医師になって2年目に長男を出産し、その5年後には次男を出産しました。

私も夫も医師として働いていましたから、子育てはてんてこ舞いでした。どちらの両親も県外に住んでいたので、サポートを得ることもなかなかできませんでした。特に次男の出産後は大変でしたね。夫が単身赴任中だったのに加え、私が専門医資格の試験の時期だったため、床に座って子どもを膝の上に乗せ、片手にミルクを持ちながら勉強していました。まさに仕事と育児に追われるような生活でした。

ただ、その頃高知には個人が自宅で子どもを預かってくれる「お守さん」という文化があったので、幸いその方々を頼ることができました。また、子どもたちが保育園や幼稚園に通うようになってからは、お迎えをベビーシッターにお願いすることもありました。ありとあらゆる人の手を借りて、何とかやりくりしていたという感じです。

:出産・育児と仕事の両立は本当に大変でしたね。そのなかでも懸命にお仕事に励んでいらしたのですね。

:はい。とはいえ、子どもが生まれてからは夜勤や長時間の手術を担当するのは難しくなりました。それでも、ずっと働き続けたいという気持ちがあったので、目の前の仕事に無我夢中で取り組んでいました。

開業医として
地域に密着した診療を行う

:開業を志したのはいつ頃でしたか。

:実はもともと開業は考えていませんでした。ただ、子育てをしながら勤務医を続けることに限界を感じる時もあり、いつか開業するという選択肢もあるかもしれないと思うようになっていました。そんな時、夫の先輩が「メディカルビルを建てることにしたから、そこで開業しないか」とオファーしてくださったんです。それで引き受けることにしました。

:そうだったのですね。開業すると、勤務医とは働き方が大きく変わると思うのですが、何か感じることはありましたか。

:患者さんとの距離が大学病院や市中病院よりも近いので、親密に関われることにやりがいを感じました。また、女性医師ということもあってか、「話を聞いてもらえそう」と思ってもらえるのも良かったですね。子どもを連れてきたお母さんが、悩みを話してくれることもあるため、子育ての経験を活かしたアドバイスも行っています。また、耳鼻咽喉科は赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の方がいらっしゃる診療科です。家族で一緒に来院する方も多いため、自然と患者さんの家族構成がわかり、地域に密着した診療ができていると感じます。

:まさに地域のかかりつけ医といった存在なんですね。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら