これからの道 どう選び、どう決める?

梅ちゃん先生のキャリアを追ってみよう

「梅ちゃん先生」ってどんなドラマ?
時は戦後まもなく、東京・蒲田の町で生まれ育ったヒロイン・下村梅子(堀北真希)が、家族や町の人たちとかかわりながら、医師として成長していく過程を描いたドラマです。2012年4月~9月、NHKの朝の連続ドラマとして放送されました。

梅ちゃんのキャリアにおけるターニング・ポイント

STEP 1:医学部に入学!

医学部に入学

梅子は、大学病院の医師である父が、戦災孤児の男の子の病気を治した姿を見て、医師に憧れるようになる。それまで「何をやってもダメだ」と言われていた梅子だが、必死の勉強と周囲の協力のおかげもあり、女子医学専門学校(現在の医学部)に入学する。

STEP 2:大学病院に入局!

医学部に入学

父の勤める大学病院でインターンをすることを決めた梅子。様々な科を回る中で、内科には知識も重要だが、患者と人として向き合う姿勢も大事だと教えられる。「人が好きだから、最も人と向き合える内科にしたい」と、梅子は大学病院の医局の内科に入局する。

STEP 3:開業!

医学部に入学

開業医の働き方を見たり、町の人たちの話を聞いたりするにつれ、次第に開業に興味を持ち始める。そんな中、梅子は医局の派閥争いを目の当たりにする。「しがらみにとらわれずに患者さんを診たい」と思ったことがきっかけとなり、助手のポストを与えられる段になり「開業したい」と父に打ち明ける。はじめは反対した父も、家族・患者らの説得もあり、梅子の開業を認める。


「梅ちゃん先生」DVD-BOXも発売中

今回の特集でモチーフとして取り上げたドラマ「梅ちゃん先生」が、DVD-BOXで登場しました!
●収録話:第1週「あたらしい朝が来た」~第8週「ゆずれない思い」
●映像特典:「梅ちゃん先生」ができるまで・「梅ちゃん先生」キャストたちそれぞれの初日・オープンセットで記者会見
「梅ちゃん先生 完全版 DVD-BOX1」15,960円
発行:NHKエンタープライズ 
販売:東映・東映ビデオ ©2012 NHK

NEXT→10年目までの流れをみてみよう

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら