これからの道 どう選び、どう決める?

10年目までの流れをみてみよう-(前編)

医師としての「キャリア」を考えるにあたって、まずは卒後10年目までの流れと、訪れるであろうターニング・ポイントを見てみましょう。あなたは、10年目の自分を想像できますか?

医学部:5〜6年

臨床研修病院の選択・研修プログラムの選択

自分のキャリアの第一歩となるターニング・ポイントです。「とりあえず有名病院の見学に行こうかな…」などと考えてしまいがちですが、医師としての将来像を考えながら、自分に適した環境はどんな病院かを考えてみましょう。

研修医:2年目

診療科・後期研修先の選択
大学に入局する?市中病院で働く?

実際に診療を経験し、各科のイメージもついてきた頃には、3年目以降の進路を考えなくてはいけません。出身大学に入局するのか、別の大学に入局するのかを考えることになるかもしれません。その医局の雰囲気はどうか、など、事前に情報収集が必要ですね。また、今は必ずしも医局に入らずに市中病院でキャリアアップする人も増えています。

最近は、キャリアを重ねる中で診療科や専門分野を変える人もいます。専門医取得などは遅れてしまいますが、ここでの選択が絶対というわけでもないですし、一度経験した分野はサブスペシャリティとして生きてくることもあります。ですから、まずは自分が「ここかな」とピンときた科を選ぶのも一つかもしれません。

臨床以外の道~研究・行政など~

「どうも臨床がしっくりこない…」臨床研修後、そんな風に思うこともあるかもしれません。臨床研修後の進路は必ずしも臨床だけではありません。基礎研究、公衆衛生、医系技官など、直接診療しないという進路も多くあります。また、最近ではコンサルティング会社に就職するといった進路を選ぶ先輩もいます。

3年目〜10年目

臨床留学?

初期研修をしながらUSMLEなどの資格を取り、アメリカなどの海外で臨床経験を積む進路を選ぶ先輩もいます。(米国で働く日本人医療従事者による情報発信サイト「あめいろぐ」 http://ameilog.com/なども参考にしてみて下さい)

大学院に進学する?
臨床技術を高めることに専念する?

最近は「何となく大学院に進学する」という先輩は減ってきています。漫然と研究するぐらいなら、臨床技術を高めることに時間を使った方がいいかもしれません。ただ、「元々臨床に戻るつもりだったけど、大学院時代に学んだ、論文を読む力やデータの解釈の仕方は、その後の臨床にも役立った」という意見もあります。大学院進学を考えているのであれば、興味ある研究をその医局がやっているのか、他の研究室に派遣してもらうことができるのかなどの情報もチェックしておく必要がありますね。

都心部で働きたい?
地域に根ざした医療に関わりたい?

「都心部に住みたい」「地元の医療を支えたい」など、やりたい医療やライフスタイルを考える際、どのような場所で診療を行っていくのかというのも大事なポイントです。医師はどんな地域でも必要とされる仕事です。ずっと地元にいるから…などという固定観念にとらわれずに、別の地域で働いてみることも考えてみてはどうでしょうか。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら