これからの道 どう選び、どう決める?

医学生に聞いた!将来どう考えてる?-(前編)

みなさんと同じ医学生がどのように将来を考えているのか、アンケートと座談会を行いました。

これまで見てきたように、卒後10年だけを考えても様々な道があります。活躍している先輩医師のお話は、ターニング・ポイントでの身の振り方だけでなく、その背景にある考え方や医療への思いなど、参考になる部分が多いと思います。けれど、「先輩の背中はちょっと遠い…」と感じる人もいるかもしれません。そこで、医学生によるアンケートと座談会を行いました。

sannka

Q1

Q1

10年目の具体的なイメージはまだ持てないという人が多数派で、83%でした。自由記述でも方向性が決まっている人もいましたが、「研修で実際にいろいろな科を回ってみてから決めたい」と考えている医学生が多く、診療科などの具体的なイメージはまだないのが実際のようです。

「ある」と答えた方は、具体的にどのようなイメージですか?

◆ 神経系の研究医をやる
◆ 消化器内科の勤務医になる
◆ 東洋医学を使える医師になりたい
◆ 今の自分の思考の枠組みを超えた形で活躍したい
◆ 研究と臨床の両方をやる

10年目のイメージは、今は持っていない人が多数派

――まず、「自分が10年目にどんな医師になっていたいか、具体的なイメージがありますか?」という質問についてですが、今日来てくれたみなさんは全員「まだわからない」と回答していますね。

A:5年目までは救急をやると決めています。それ以降はまだわからないですね。

B:研修で実際にいろいろな科を回ってみてから決めたいなと考えています。

――ある程度方向が決まっている人と、診療科を含めてまだ具体的なイメージがない人とに分かれるようですね。ですが、アンケートの結果を見ると、具体的なイメージはなくても「どんな医師になりたいか」ということに関しては様々な考えがあるようです。「なりたい医師像」を考えたとき、みなさんはどんな点に注目しますか?

B:僕は「匠の技」みたいなものに憧れます。やっぱり外科などで技術に秀でている人は、アスリートみたいでカッコいいと思います。

C:医学部に入った後に、理由はわからないけれど「命を救いたい」と強く思うようになりました。最低限命をつなぐ能力を持った医師になりたいです。

D:自分にしかできないことをやりたいです。基礎研究か臨床かはまだわかりませんが、医療を進歩させるところに携わりたい。自己実現を追求することで、最終的に患者さんのためになればと思っています。

E:私はとりあえず「使えない」と言われない医者になっていたいです。

――今はまだ漠然としていても、こうやって自分の中にある憧れや願望を考え続けていくことで目指す方向性が見えてくるかもしれませんね。

医師になる理由ー医学部に入って、考え方が変わったか?

――ではみなさん、医学部に入学した当時はどのように考えていたのでしょうか?その後、大学の勉強や実習を通して、その当時抱いていたイメージが変化した人も多いのではないでしょうか。

F:父が医師で、私も医師になるのが当たり前だと思って育ってきたので、医学部に入ることに対してあまり熱意はありませんでしたね。今はいろいろな人の話を聴いて、医師になることについて、少し考え方が変わってきた気がしています。

A:僕は小学生の頃から漠然と、目の前にある問題を解決したい、社会をよりよくしたいと思っていました。医学部に進学したのは、中学・高校が進学校で、理系だと医学部に進学する人が多かったから、その道しか知らなかったという感じでした。もし高校生のころに、もっとたくさんの選択肢があるとわかっていたら、医学部以外を選んでいたかもしれません。

E:正直なところ、私が医学部に入った理由は、とりあえず食いっぱぐれないかなと思ったからです。周りに何となく認められて、何となく幸せになれればそれでいいかなと思ってふわふわ生きてきたというか。でも最近は変わってきました。サークルやゼミの活動に参加するようになって、医学という分野以外でがんばっている人たちと会って、熱中することの素敵さを感じるようになったんです。

――「もっとたくさんの選択肢があるとわかっていたら、医学部以外を選んでいたかもしれない」ということは、逆に今は視野が広がったということでもあります。医学部に進学すると決めたころの考え方と現在の考え方が違うように、それぞれのターニング・ポイントで自分がどう考えているかを完全には予想できませんが、今のうちに視野を拡げておくことは「納得できる選択」への一つの近道かもしれません。

Q2

Q1

将来のイメージが持てないのは、キャリアについて考えていないからではないようです。アンケートの結果を見てみると、55%の人が「しっかり考えたいと思っており、頻繁に考えている」と回答していました。同時に、「考えたいと思うが、機会がない」という回答も34%で、何か考えるきっかけを待っている様子も伺えました。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら