医学生×一般学生 同世代のリアリティー

新入社員研修編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。
今回は「新入社員研修」をテーマに、今年新入社員として入社した3名(社会人A・B・C)と、医学生3名(医学生D・E・F)の6名で座談会を行いました。

今回のテーマは『新入社員研修』

医学生は卒業後「臨床研修」を受けますが、一般の新入社員にも「新入社員研修」があります。同じ「研修」ですが、臨床研修では医師としての知識や技術を身につけるのに対し、新入社員研修では社会人としての一般常識を得るといった側面も強いのです。

新入社員研修って何をやるの?

医D:みなさん今年の新入社員と聞きましたが、どんな会社で、どんな研修を受けてきたんですか?

社A:僕はIT企業に営業職として入社しました。4月は300人の新入社員全員で、組織の方針や部門の特徴など、会社についての講義を受けましたね。5月からは部門ごとの研修が始まり、僕は実際に先輩に教えてもらいながら営業を担当していました。研修が終わったのはつい最近なので、5か月間研修をしていたことになりますね。

社B:私は外資系銀行です。最初の1か月間は本部の研修施設に通って、朝8時半から夕方6時まで講義でした。社会の中での銀行の役割や、実際に銀行で使っているシステムの使い方、この会社でどういう業務をやっているのかを、学校のような感じで学ぶんです。その後、先輩のもとで店舗の窓口業務の実習を少しやって、7月に配属が決まりました。

社C:僕は自動車メーカーです。研修は最初の1か月だけで、ゴールデンウィークが終わった後からは実際の仕事に就きました。研修ではコミュニケーションの基礎を学んだり、工場を見学したりしましたが、実務については学びませんでしたね。

医E:医師の臨床研修では病院についての研修は受けないので、そこが新入社員研修と大きく違う感じがします。

ビジネスマナーってどうやって学ぶの?

医D:よく、研修ではビジネスマナーや一般常識を学ぶって聞くんですけど…。

社A:そうですね。うちは外部から講師を招いて、敬語の遣い方など、一日でひと通りのマナーを叩きこまれました。

医F:電話の出方とかもやるんですか?

社A:はい、電話応対の練習は結構しっかりやりました。新人の業務は電話を取ることだ、とか言われます(笑)。

社C:うちも本物の電話を使って練習をしましたよ。同期どうしでかけ合って。

医E:面白いですね~(笑)。

社B:私たちは、まず歩き方から習いました。他にも「いらっしゃいませ」「おはようございます」などの接客7大用語と呼ばれる言葉を練習したり。相手や挨拶の内容に合わせて、お辞儀の角度が変わるんですよ。ひと通り習ったら部長や課長が見守るなかでテストがあって、全員合格するまで帰れません。すぐに身につくわけではないですが、「こうしなきゃいけないんだな」という感覚がわかりました。

同期や先輩との仲は?飲み会は結構あるの?

医E:研修で、1か月くらい合宿をやってるところもあるって本当ですか?

社C:うちはないですけど、聞いたことはありますね。試験のために半年以上ホテル暮らしで、ひたすら勉強、とか。

社B:うちも合宿はないですね。ただ、1か月間東京で合同研修だったので、大阪などで採用された子は寮生活をしてました。

医F:そういう環境だと、やっぱり同期って仲良くなるものなんですか?

社B:朝から夜までずっと一緒にいるので、仲良くなりますね。

社A:グループ分けされるので、学校のクラスみたいですよ。よく知らない人もいれば、すごく親しくなる人もいます。

医E:医師の場合は、研修先の同期が仲良くなるっていう話はあまり聞かないですね。上下関係のほうが濃いと思います。

医F:新人が来ると、喜び勇んで飲みに連れていく先生もいるみたいですね(笑)。病院や科によってもカラーがあります。

医D:会社の上司や先輩との飲み会やイベントは多いですか?花見とか、忘年会とかのイメージが強いですけど…。

社C:そんなに多くはないです。たぶんメンバーによりますけど。うちのチームは僕以外が全員40代なので、飲みに行っても話が合わないと思います(笑)。

社A:うちは先輩とは歳が近いですが、あまり飲みに行く雰囲気ではないですね。

同世代のリアルティ
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら