千葉県医師会と千葉大学の連携による臨床研修医支援-(前編)

千葉県の若手医師の研修の質の向上を図るため、実技セミナーや研修医交流会などを行っています。

研修の質の最低ラインを保証する

センター長井上先生

医学生のみなさんは、卒業後は研修医として様々な病院で研修を受けることとなります。しかし、研修医には横のつながりが生まれにくく、どこの病院で研修を受けるかによって情報や技量の格差が生まれてしまうのではないか…という声も聞かれます。

そこで近年、主に都道府県医師会が主体となり、研修医など若手医師を支援するプログラムを立ち上げる事例が増えています。今回は、NPO法人千葉県医師研修支援ネットワークを取材しました。

実際に研修を行う施設として、千葉大学医学部附属病院内に「千葉県医師キャリアアップ・就職支援センター」が設けられています。このセンターでは具体的にどのような取り組みを行っているのか、副センター長であり研修講師としても活動されている井上雅仁先生(千葉大学医学部附属病院)にお話を伺いました。

「千葉県には大学病院がひとつしかないため、ほとんどの医師は市中病院に所属することになります。もちろん研修のやり方には各病院の個性がありますし、それぞれの教育方法があっていいのですが、例えば実技のトレーニングに使用する機器などは非常に高価なので、とても各病院に置くわけにはいきません。そこで、千葉県の支援のもと、千葉県医師会・千葉大学医学部附属病院などが協力してこのNPOを立ち上げ、センターを設置しました。当センターが機器を集約することで、効率よく研修を行うことができる環境を整えたのです。

私たちの大きな目的は、千葉県全体の研修の質の向上です。千葉県内のどの病院で研修を受けていても、当センターの機器を使用したセミナーや研修を受けられます。必要に応じて、設備の貸し出しも行っています。

また、研修医の人数が少ない病院では、自らの研究について発表する機会もほとんどありません。そこで、学会形式で研究結果を発表するセミナーを開催し、研修医どうしが交流できる場を提供しています。」


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら