第64回 西日本医科学生総合体育大会-(前編)

浜松医科大学

総合優勝 浜松医科大学

準優勝 岐阜大学
第3位 広島大学


昨年に続き、西医体総合2連覇!
優勝した競技の主将を訪ねました。



弓道部男子【優勝】

弓道部部長

専用の弓道場を持ち、いつでも練習できる恵まれた環境を有する浜医の弓道部。部員は70名を超える大所帯で、夏場は1日5時間以上も練習に打ち込む部員も多いとか。「弓道も武道の1つですが、それほど厳しいわけではありません。優勝は、しっかり練習した成果が出たんだと思います。」と謙虚なコメントの主将・桐戸さん。


空手道部男子【優勝】

空手部部長

5人で戦う団体戦に4人しかいない部員で挑戦し、1敗分のハンディを抱えながらも優勝。勝率は実に95%でした。

「女子で試合に出られない人も支えてくれて、みんなで勝ち取った優勝です。空手は大学から始めても有段者になれるので、部員の足りない浜医空手道部に是非入って下さい!」と勧誘モードの主将・磯部さん。

浜松医科大学

「浜医は部活が盛んで、ほぼ全員が何かしら部活に入ります。国試の合格率も高いですし『文武両道』ですよ(笑)。総合2連覇の秘訣は、各部が良い成績を収めているのはもちろん、部活が盛んで多くの競技にエントリーしていることにもあるんです。」(田村さん)


写真左から、西医体評議員・田村可菜美さん、弓道部主将・桐戸雄紀さん、空手道部主将・磯部裕介さん。

Another Cut
〜大会を支えた運営委員の活躍〜

岡山大学

競技の結果は毎日ホームページに掲載されます。メンバーは忙しい時に泊まり込むことも。ただしベッドの寝心地は…。競技の安全、特に熱中症対策には力を入れており、運営委員の呼びかけで、試合の合間には体を冷やす姿が見られました。

運営委員室に集まって皆で打ち合わせ。終わった後はそのまま談笑タイムに突入することもしばしば。笑いの飛び交う雑談が仲良しの秘訣です。

運営本部の電話はひっきりなしに鳴っています。会場の状況を把握しつつ指示を出す凄腕美人の花田さん。

運営委員長の椅子は他の人のものより豪華。バリバリ仕事をこなす「デキる」男です。

大会を終えて、運営委員長から

運営委員長

第64回西医体は台風の影響もなく、無事に全競技日程を終えることができました。これもひとえに今大会にご支援下さった方々のお陰です。運営にあたって多くのことが初体験で、皆様のご協力・ご助言無しでは西医体は開催できませんでした。心から御礼申し上げます。

選手の皆さんにとって、今大会はいかがでしたか?満足のいく結果に喜んでいる選手もいれば、実力を発揮できずに苦杯をなめることになった選手もいるはずです。いずれにせよ、今回の結果を今後の練習のモチベーションにし、さらなる体力・技術の向上を目指していただきたいと思います。そして来年の西医体で今年以上の活躍をされることを期待しています。
西医体運営委員長 高橋政史

西医体
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら