DOCTOR-ASE COMMUNITY
サークル・医学生の活動紹介

「第55回全国医学生ゼミナールin群馬」を開催しました

全国医学生ゼミナール 全国実行委員会

第55回全国医学ゼミナール

全国医学生ゼミナール(医ゼミ)は毎年夏に約300人の医療系学生が集まり、学んで交流する学術企画です。今年は8月9日〜12日の日程で55回目を迎え、学生287名、一般(医療従事者、市民など)86名、計373名の参加で開催いたしました。そのご報告をさせていただきます。

◆講演会

今年は様々な分野から3名の演者様をお招きして講演いただきました。

・大棟 耕介氏(ホスピタルクラウン協会理事長)「世界の病院を訪ねて~ホスピタル・クラウンの現場から~」

コミュニケーションにおける笑いの大切さをお話しいただき、参加者からは、「医療者もクラウンと同じように、患者さんの視点に立って支援することが大切であると感じた。」との声が上がりました。

・本田 宏氏(済生会栗橋病院院長補佐)「これからの医療の話をしよう 医学生として知っておきたい医療、日本の真実」

本田先生が医療や社会の問題に目を向けるようになった経緯と、医療の現状について、お話いただきました。医療の現状を目の当たりにし、各々が自身の目指すべき医療について考える機会となりました。

・肥田 舜太郎氏(医師・被爆者)「ヒロシマを生きのびて~被爆医師の戦後史~」

肥田先生の原爆の体験談は凄まじいものでした。戦争の悲惨さに触れ、未来の医療の担い手としてそこから何を学び、どう生きていくのかを深く考えさせられました。

◆学生発表

学生企画として、今年は「メイン企画」、「平和企画」の2つを開催しました。メイン企画では、メインテーマ「震災後社会 現在(いま)をみる、未来を医(いや)す」について学びを深めました。昨年から引き続き震災について取り上げ、被災者の苦しみはどこからくるのかを考えました。さらに、苦しんでいるひとは被災地に限らず全国にいるということで、その根本に何があるのかを考えました。平和企画では「原発」と「基地問題」を取り上げました。健康の守り手として平和を求めることの大切さを学び、その中で「どことなく平和とはいえない」という現代社会に対する思いから学びを深めました。

◆交流会

全国の医療系学生の仲間作りの場として、交流会を毎日開催しました。レクリエーションを通しての交流、地域別・学年別の交流などを行い、将来をともに担う学生どうしの強いつながりを作ることができました。

◆最後に

4日間を通して、全国の学生と楽しく、学び、交流することができました。ここでの学びをきっかけに各地での学びにつなげていきます。

今年の学びを振り返って来年56回目の医ゼミに活かしていくために、10月に東京で第6回全国準備委員会を行いました。今後も順次、講演会や交流会を企画しており、小さな医ゼミのような雰囲気を感じられます。学生ならどなたでも参加可能であり、今年の本番企画に参加していなくてももちろん大歓迎です。

お問い合わせはお気軽に、以下へよろしくお願いいたします。

URL: http://www.izemi.com/

世界とつながりワールドワイドな医療人になろう!

IFMSA-Japan

ワールドワイド

私たちIFMSA-Japan(国際医学生連盟 日本)は、100か国の医学生からなるIFMSA(International Federation of Medical Students’ Associations/国際医学生連盟)の日本支部として活動しています。

IFMSAはWHO(世界保健機関)やUNESCO(国際連合教育科学文化機関)、WMA(世界医師会)より公認を受け、ECOSOC(国際連合経済社会理事会)の会員資格をも持つ世界最大の医学生NGO団体です。

そのIFMSAの日本支部として活動しているIFMSA-Japanは全国の医学部・医科大学のESSや医療系サークルなどの団体会員、および個人会員によって構成されており、現在団体会員51校、個人会員約500名、IFMSA-Japanの中で最大のメーリングリストには2000名以上が参加しています。

私たちの主な活動は大きく6つの委員会に分かれており、日本では交換留学(臨床/基礎研究)、公衆衛生、人権と平和、性と生殖・エイズ、医学教育に関する委員会が運営されています。

この委員会には様々なプロジェクトが存在し、非営利・非政治の原則のもと、各大学のご協力により年間100名以上を交換留学に送り出し、子供を対象とした健康増進プロジェクト、生活習慣病予防啓発活動、ピアエデュケーション、在日難民との交流会、原爆について学ぶサマースクールなどの国内活動や、東南アジア・アフリカでの保健衛生活動、アジア地域での災害医療分野での人材育成プロジェクトなど、さまざまな国際活動も行っています。2007年には第59回保健文化賞を受賞しました。

そして、IFMSA-Japanには上記の委員会とは別にTraining officeがあり、IFMSA-Japan公認トレーナーによるトレーニングを通して、ファシリテーションスキルや様々なマネジメントスキル、チームビルディングなどについて学ぶことができます。

これらのスキルはプロジェクトの運営に必要となると同時に、将来の医療者としても重要なものです。このようなスキルをインタラクティブかつ楽しいトレーニングを通して学ぶことができるのもIFMSAの活動の強みのひとつと言えます。

また、年に1回日本全国の医療系学生300人が集合する日本総会や、年に2回世界各国の医学生800人が集合する世界総会などを通し、大学にいるだけでは決して出会うことのできない多様な人々との出会いがあります。

「学生のうちに勉強・部活以外の何かをやってみたい、だけど一人ではなかなか難しい…」という方はぜひ、IFMSA-Japanのホームページを訪れてみて下さい。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら