適切な療養の場を見つける

 

自宅や施設での療養を見据えて

前ページで紹介したように、急性期病院を退院した後に受け皿となる医療機関や介護施設には、様々な種類があります。患者さんの病状だけでなく、家族構成や経済状況、利用できる医療資源なども踏まえたうえで、適切な転院先・入所先を決めていく必要があります。急性期病院においては、主に地域連携室などで働く看護師や医療ソーシャルワーカー(MSW)が、その役割を担っています。

近年では、病院ではなく住み慣れた自宅や施設などで療養し、必要に応じて医療・介護サービスを利用することが推進されています。気管切開や胃ろうなどといった医療的ケアを必要とする方であっても、在宅医療や訪問看護が受けられる環境にあって、かつ本人が希望すれば、自宅や施設で療養することもできます。また、施設での看取りも増えています。

つまり、地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟がクッションの役割を果たすことで急性期から自宅や施設の生活にスムーズに戻れるようになるのです。これらの病棟の入院期間に上限が設けられているのも、いずれは自宅や施設に戻ることを見据えているからです。特に地域包括ケア病棟は、疾患に関わらず入院でき、かつ自宅や施設で療養中の方の緊急入院なども受け入れることができるため、まさに急性期と在宅の間をつなぐ存在といえます。今後、地域包括ケアシステムの中心を担う病棟として、ますます求められるようになっていくでしょう。