レジデントロード

【呼吸器内科】虎澤 匡洋先生
(順天堂大学医学部附属浦安病院 呼吸器内科)-(前編)

山内先生

――虎澤先生はなぜ呼吸器内科を選ばれたのですか?

虎澤(以下、虎):学生時代から内科志望でしたが、呼吸器に興味を持ち始めたのは臨床実習の頃です。分子標的薬が肺がんに劇的に効いているCT写真を見て感動したことが一つのきっかけでした。がんをはじめ、感染症やアレルギー疾患、膠原病肺など全身に関わる疾患を診ることから、「とても内科らしい内科だな」と魅力を感じました。

――臨床研修先は聖路加国際病院を選ばれたのですね。

:はい。大学時代はわりと楽な方に流されてしまっていたので、臨床研修では周囲と切磋琢磨できる環境に身を置こうと思ったんです。聖路加の内科研修では、循環器・呼吸器・消化器内科はそれぞれ科ごとに回るのですが、それ以外は病棟ごとに回ります。血液内科、神経内科、糖尿病内科など、様々な患者さんを同時期に診ることで、ホスピタリスト的なトレーニングを積むことができました。内科全体を概観でき、今後に活きる研修だったと思います。

――呼吸器内科志望の人は、臨床研修で呼吸器内科を回っておいた方がよいのでしょうか?

:呼吸器を絶対に回る必要はないと思います。むしろ、関連する他科、例えば病理科や、間質性肺炎の治療に関係する膠原病科などを回っておくと有意義なのではないでしょうか。また、感染症内科的な発想も重要ですね。単なる細菌性肺炎だと思っていたら耐性菌に感染していた、ということもありますから。

――3年目も、聖路加国際病院の内科で研修をされたのですね。

:はい。3年目は母校である順天堂大学の医局に入局しましたが、病院ローテーションの一環としてそのまま聖路加に勤務させていただきました。臨床研修の時と同様に内科の各科を回っていくのですが、専門研修医は「病棟長」を任され、病棟のほとんどのプロブレムを、研修医と協力して解決することになります。病棟長の下には研修医が2名いて、それぞれ15人ほど患者さんを持つため、常に30人前後をマネジメントしていました。最初は大変でしたが、次第に研修医の力量を見極め、「ここまでは任せよう」と判断できるようになりました。

――4年目以降はどのような経験を積まれていますか?

:4年目は順天堂に戻り、大学病院の本院で、5年目の今は分院の浦安病院に勤務しています。大学病院に戻ってからは、患者さんのマネジメントの負荷はかなり下がりました。ただ、5年目から外来や外勤を任されるようになり、病棟業務にあてられる時間が少なくなったので、かえって忙しくなったかもしれません。また、病棟では主にがんや肺炎の患者さんを診ていましたが、外来では喘息やCOPDを診ることが多くなりました。入院管理と外来での長期管理は全く違うので、今は一から勉強している感じです。