レジデントロード

【小児科】出口 拓磨先生
(筑波大学附属病院 小児科)-(前編)

出口先生

――出口先生はどうして小児科を選ばれたのですか?

出口(以下、出):幼少期、軽い小児喘息のため病院通いをしていました。辛い症状を癒やしてくれる医師への信頼と憧れから、「将来なりたい職業はお医者さん」と言うようになり、そのまま今に至ったという感じです。その頃は小児科医に限らず、漠然と「町のお医者さんになりたい」と思っていましたね。

小児科を選んだのは、臨床実習がきっかけです。担当患者さんたちと仲良くなり、先生方も非常に良くしてくださいました。この時に抱いた「子どもたちの未来のために働きたい」という思いが今につながっています。ただ、当時は循環器内科や消化器内科、救急にも興味がありました。そこで臨床研修の1年目はまず救急と内科を回り、そのうえでやはり小児科に進もうと決意したんです。

――成人を診る科と比べ、どのような点が魅力でしたか?

:小児科では、患者さんの保護者とのコミュニケーションが非常に重要になります。コミュニケーションがうまくいかず壁ができてしまうこともありますが、保護者の方とうまく通じ合えたら、味方が2倍になったようなもので、治療もとてもスムーズに進めていくことができます。そこが成人の科との違いであり、やりがいのあるところだと感じました。また小児科では、急性期から慢性期まで、さらには成長した後も、患者さんと長く関わることができます。成長した姿を見ることができるところも非常に魅力的でした。

――臨床研修2年目は、どのような経験を積まれましたか?

:4月から3か月間は、コモンディジーズから急性期疾患まで一通りの疾患を診ておこうと考え、大学病院ではなく地域の子ども病院で研修しました。また、2年目の終わりには心臓血管外科を回りました。小児科医になると手術を依頼する立場になることも多いので、手術する側の気持ちや術前管理の様子を知っておきたいと考えたからです。

――臨床研修後は、そのまま筑波大学に入局されたんですね。

:はい。筑波大学附属病院は茨城県唯一の大学病院で、全ての疾患を幅広く診ています。例えば都内の大学病院だと、病院数が多い分、専門分野に特化しているところが多いのですが、私は小児のことなら全て診られる小児科医になりたかったので、筑波大学を選びました。

筑波大学の小児科は、「新生児」、「血液腫瘍」、「循環器」、その他神経や消化器や内分泌など諸々の疾患を診る「総合」の4チームに分かれています。私は最初の半年間は新生児、その後、総合と血液腫瘍を3か月ずつ回りました。4年目の今は循環器チームに所属し、10月からは市中病院に出る予定です。それらと並行して、3年目から市中病院での一般外来もしています。