レジデントロード

【病理】勝矢 脩嵩先生
広島大学大学院 医系科学研究科 分子病理学 -(前編)

勝矢先生

――病理医はどのように経験を積んでいくのですか?

勝矢(以下、勝):一般に、病理科に出される検体の7割ほどを消化器が占めているため、まずは消化器について、がんか否か判断できるようになることを目指します。広島大学には病理系の研究室は三つあり、当研究室は主に消化器が専門のため、たくさんの症例を診ることができます。また、消化器以外の臓器の標本を診たり、術中迅速診断の経験を積んだりするために関連病院に出向くことも多いです。

消化器に関して言えば、私は入局後2年ほどでがんか否かは大分見分けられるようになりました。ただ、大腸よりも胃の方が難しく、いまだに迷うものが多いです。典型的ながんが見分けられるようになると、次は難度の高い炎症性疾患や軟部腫瘍などの診断を身につけていきます。

専門医資格を取ると、ダブルチェックなしに自分一人で診断がつけられるようになることが求められます。それまでに診断力を磨かなければならないので、若いうちから標本をたくさん診るよう指導していただいています。生検の場合は、1例につき5~6分で診断をつけることができますが、手術材料の場合は、断端や脈管侵襲などを細かく診る必要があります。標本を複数切り出してその全てを見るので、材料一つを診断するのに少なくとも30分はかかります。

――手術材料から標本を作るところは病理医が行うのですか?

:はい。病変部を肉眼で確認し、写真を撮った後にホルマリン固定を行います。固定後、取り扱い規約に沿って標本を作成します。手術材料を診る場合、標本の切り出し方で全てが変わると言っても過言ではありません。切り方を誤ると、診るべき箇所が標本にならずに二度手間になることや、標本を再度切り出すことができず評価不能になってしまうことすらあります。自信がなければ全割して全て標本にすることも可能ですが、その分時間もかかってしまいます。診断には正確さと同時にスピードも求められるため、顕微鏡で診る前に、まずは手術材料全体を肉眼的に丁寧に診るように指導されています。

――最終的に診断をつける際は、どのように判断していますか?

:まず、肉眼所見と顕微鏡で診たときの所見を突き合わせて、結果が乖離していないかを確認します。また、臨床医に提出していただいた臨床所見との比較も行い、矛盾していないかも確認します。もちろん顕微鏡で見えた結果以外を所見に書くことはご法度ですが、一方で臨床所見を無視して顕微鏡像からの情報だけに頼っても、正しい診断にはなりません。臨床医と病理医の間で所見が異なる場合は、すぐに電話をかけて確認するように指導されています。