若手医師も、マネジメントの視点を持って医療の本質をみてほしい
~第二大阪警察病院 小牟田 清先生~(前編)

今回は、この春から第二大阪警察病院の院長に就任された小牟田先生に、医師の働き方を改善するマネジメントについてお話を伺いました。

医療安全担当の人脈を活かし病院の仕組みを改善

笠原(以下笠):小牟田先生は、大阪警察病院で副院長を務められ、今年4月から新たにオープンした第二大阪警察病院の院長に就任なさいました。まず、副院長時代の取り組みについてお聞かせいただけますか。

小牟田(以下、小):私がマネジメントに携わるようになったきっかけは、医療安全の担当になったことでした。インシデントやクレームに対処するなかで、普段の診療ではほとんど接点のない診療科の医師や、看護部などの他部門と関わる機会が増えました。医療安全に関する情報や意見が私のもとに届くようになったことで、それらを取り入れれば病院全体の改革につなげていけるのではないか、と考えるようになりました。

まず取り組んだのは、インシデントレポートを基にクリニカルパスを作成することでした。例えば、チューブ抜去のタイミング、離床のタイミングなどをあらかじめパスで定めておくことで、安全が担保されると同時に、看護師が都度医師に確認する項目も減らせます。クリニカルパスの整備は、安全だけでなく、業務の効率化にもつながるのです。

他にも、看護部からの要望を受け、医師の指示出しの実状について調査を行ったりもしました。時間外の指示出しが多い医師には指導を行い、時間内に終わらせるよう促しました。また、急ぎの検査の結果がいつ見られているかチェックし、急がなくていい検査は緊急にしないように働きかけました。

:医療安全担当として築き上げてきた関係性を活かし、現場からの声を拾い上げることで、病院の仕組みを改善してきたのですね。

:はい。他にも、現場からの要望を受けて様々な改善を行ってきました。例えば、夕方5時から行っていた会議を、朝の外来が始まる前に行うことで欠席者を減らしたり、誰もが年休を取得しやすいように時間単位の年休制を導入したり、医師の業務の一部を他職種に委譲することで、医師の負担を減らしたりしました。

インタビュアーの笠原先生。
 

データや方針を示しきちんと話し合う

:そのような改善を行ううえでは、管理職をはじめとしたスタッフ全体の意識改革が必須だと思います。そのために心がけていたことはありますか。

:様々なデータをオープンにすることですね。例えば、経営状況や働き方に関するデータ、子育て中の女性医師の数、残業時間が長い医師がどのくらいいるかなどを開示することで、病院が直面する問題を医師一人ひとりに考えてもらえるよう働きかけました。さらに、全ての医師が働きやすいようサポートするという病院の方針もオープンにします。誰かが休みに入る際は、「こういう理由でお休みされますから、皆さんカバーをお願いします」と発信し、病院全体でサポートを行ってきました。

:クリニカルパスの整備など、様々な仕組みの改善によって、業務の効率化と働きやすい環境づくりを行ってこられたのですね。しかし、応招義務のある医師ならではの難しさもあるかと思います。さらなる改善のためには、働き方の形態や一人ひとりの考え方をどのように変えていくべきとお考えでしょうか。

:まず、医師の働き方の形態に関してですが、オン・オフの切り替えをはっきりさせるためにも、これからは2~3人の医師でチームを組んで患者さんを診ていく体制を築く必要があると考えます。また、応招義務に関しては、クリニカルパスに「手術の何日後に患者・家族に説明する」という項目を明示しておくことで、時間外に家族が来られて説明を求められるようなことを減らす工夫も必要でしょう。看護師が時間外に医師を呼び出さなくて済むような仕組みづくりも有効です。

医師一人ひとりの考え方を変えることは、さらに難しいと感じます。熱心な研修医のなかには、「勤務時間外でも残って勉強したい」という人も多くいます。レベルの高い先生の手術を見て学びたいという気持ちは、私たちにもよくわかります。しかし、休息を取らずに働き続ければ、医療事故につながりかねません。なので、私は「オン・オフをしっかり切り替えないと頭は働かないよ」と声をかけるようにしています。気分転換をすることで生まれる新しい発想は、仕事を続けていくうえで絶対に必要になると思うからです。

そのためには、「休む時は休め」という管理職の考えもオープンにすることが必要でしょう。そして研修医の声を直接聞いてみることも大切です。そこで私は、毎年研修医と話し合う機会を設けてきました。様々な立場の人間が交流し、現状を変えていくための意見を出し合える土壌を整えてきたと自負しています。