若手医師も、マネジメントの視点を持って医療の本質をみてほしい
~第二大阪警察病院 小牟田 清先生~(後編)

仕事を主体的にマネジメントできる医師に

:先生は今後も院長として、次世代の育成にますます力を入れていかれると思います。働き方改革という観点から考えると、これからは医療提供体制や労務管理などといった、幅広い知識を持ったリーダーの養成が重要になってくるのではと考えますが、どのような教育が必要だとお考えですか。

:臨床研修病院の役割は大きく二つあります。一つはもちろん医療知識や技術を教えること、もう一つは、財務や労務なども含めた医療の本質を学んでもらうことです。医長・部長クラスになった時に困らないためにも、早期からマネジメントについて学ぶことは大切だと考えます。

その一つの方法として、クリニカルパスの作成を行う委員会に、若手の医師にも入ってもらうようにしています。なぜならクリニカルパスの作成には、マネジメントに通ずる部分があるからです。そのパスで入院した患者さんの入院期間が診療報酬に見合ったものになっているか、検査や投薬が全国平均と比較して多くないか…といったことを他職種と共に考えるなかで、若手の医師たちにも、病院経営に携わる一員としての自覚を持ってもらいたいと考えています。

:確かに、手術や手技だけでなく病院経営の観点を、若手医師にも学んでほしいですね。そうすれば、業務の効率化や勤務時間の短縮についても自然と意識できるようになるでしょう。

:そう思います。ちなみに、私がこれまで一番優秀だと思った研修医は、朝早く来て患者さんを診て回り、朝のうちに指示出しを終わらせていました。申し送りも細かく記載され、看護師からの問い合わせもありません。そして毎日定時に帰る。さらには仕事の合間に論文を読む余裕さえ持っていました。

このように、仕事を主体的にマネジメントできる医師が「できる医師」だと私は考えます。医学生の皆さんも、ぜひそういう医師を目指してほしいですね。

 

語り手
小牟田 清先生
第二大阪警察病院 院長

聞き手
笠原 幹司先生
日本医師会男女共同参画委員会委員、大阪府医師会理事