AIの発展・進化の歴史(1)

オートマタ(自動人形)への憧れ

私たち人類は「世界は、私たちはどのようにできているのか」という問いを探求するなかで、知識や学問を発展させてきました。たとえば哲学においては、死ねば土に還ってしまう人間の肉体のどこに「魂」や「知性」が存在するのか――という問いは、デカルトをはじめとした多くの哲学者たちを悩ませた難題でした。

この関心は、技術的には「オートマタ」(自動人形)の実現を目指すという形で表れ、ゼンマイ式時計やオルゴールの発明へとつながっていきます。特定の動作をシミュレートするこれらの機械が普及するにつれて、動作のみにとどまらず、人間の思考そのものをシミュレートすることに対する関心も高まっていきました。18世紀後半のヨーロッパでは、俗に「トルコ人」と呼ばれるチェスを指す機械が脚光を浴び、ナポレオンを含む多くの著名人を盤上で打ち負かしました。しかし実際には、機械の中に巧妙に隠れていたチェスの名人が操作していたことがわかっています。この時点では、機械が人間の思考をシミュレートすることはできなかったのです。

AIの萌芽

近代になると、キリスト教的な世界観において神による被造物とされてきた「人間」もまた、科学の対象として捉えられるようになりました。医学においても、実証主義的な研究によって人体に関する知識のレベルは飛躍的に向上しました。そして、哲学の世界でも「認識論」の登場により、私たち人間の思考そのものについての探求が始まりました。

17世紀にパスカルやライプニッツが作った「機械式計算機」は、計算という私たちの思考の一部分を切り取ってデジタルに再現するという意味で、人工知能実現に向けた第一歩だったと言えるでしょう。その後、19世紀には数学者バベッジは「解析機関」と呼ばれる蒸気機関で動く機械式コンピューターを設計し、プログラム言語の基礎を作りました。その後20世紀に入ると、演算装置と記憶装置によって構成されるコンピューターが発明され、20世紀後半からは半導体の性能向上や小型化が急速に進んだことで、機械(コンピューター)の演算能力は飛躍的に向上しました。

コンピューターは、所与のルールのもと、用意されたゴールに向けた解を探索するという「推論と探索」を行うことができ、その振る舞いは人間の目に「知的」に映りました。1947年にはチューリングが現在の人工知能に相当する概念を提唱し、1956年には初めて"Artificial Intelligence(人工知能)"という言葉が使用され、研究分野として確立します。しかし当時の人工知能は現実の複雑な問題を処理することができず、「電車の経路探索」や「ボードゲーム(チェス・将棋)」、「代数の問題」などの領域で能力を発揮するにとどまり、人工知能研究は冬の時代を迎えます。

 

参考:日本医師会学術推進会議 第Ⅸ次 学術推進会議報告書「人工知能(AI)と医療」(2018年6月) p.2-11

 

トルコ人の実演風景
ヨーゼフ・ラックニッツ


右下にある空間にチェスの名人が身体を折り曲げてひそみ、盤上の駒を遠隔操作していました。