グローバルに活躍する若手医師たち(前編)

日本医師会の若手医師支援

JMA-JDNとは

Junior Doctors Network(JDN)は、2011年4月の世界医師会(WMA)理事会で若手医師の国際的組織として承認されました。JDNは、世界中の若手医師が情報や経験を共有し、未来の医療を考えて行動するための画期的なプラットフォームです。日本医師会(JMA)は2012年10月に国際保健検討委員会の下にJMA-JDNを立ち上げました。これまで若手医師の集まりは学会や医局、地域、NGOなどの枠組みの中でつくられてきました。JMA-JDNは、多様な若手医師がそれらの枠組みを超えて、公衆衛生や医療分野において自由に自分たちのアイデアを議論し行動できる場を提供したいと考えています。関心のある方は検索サイトやFacebookで「JMA-JDN」と検索してみてください。

今回は、JMA-JDNの若手医師より、第4回JMA-JDN総会、WHA、Health Professional Meeting (H20)2019の報告を寄せてもらいました。

 

第4回JMA-JDN総会
〜世代と立場を超えた交流が生むもの〜

東京都立広尾病院 救命救急センター専攻医 JMA-JDN 副代表(外務) 石畠 彩華

2019年7月20日から21日に第4回JMA-JDN総会を実施しました。今回は若手医師や医学生に対し、国際保健について学習する機会とネットワークを築くための場を提供することを目的として開催されました。

1日目は「現況の国際保健トレンドにおける若手医師の役割とは」をテーマにシンポジウムを開催しました。日本医師会国際保健検討委員会より4名の講師をお招きし、若手医師に期待する活躍について熱いメッセージを頂きました。後半では講師と参加者でグループを作り、国際保健における若手医師の役割についてディスカッションを行いました。

2日目前半は第2回アドボカシースキルワークショップを実施しました。神馬征峰先生(東京大学大学院医学系研究科国際地域保健学教室教授)よりアドボカシーの定義やアドボカシー戦略の開発モデルについてご講義いただき、その後参加者がグループに分かれ、与えられたテーマに対して開発モデルに沿ってアドボカシー戦略の作成に取り組みました。後半に実施した学生団体の合同企画である「Localize, Centralize」では、参加者を二つのグループに分け、一方は都市部における医療課題、一方は過疎地域における医療課題について、問題点の抽出と解決策の検討を行いました。

本総会では、国内外の医療課題についての見識と、課題を解決するために必要な方法論について理解を深めることができました。学生は若手医師から医療現場の実情について聞く機会となった一方、若手医師が学生の柔軟な発想に感心する場面もありました。今回、世代や立場を超えた交流の場の大切さを再認識しました。

 

 

石畠 彩華
2017年札幌医科大学医学部卒。国家公務員共済組合連合会斗南病院にて臨床研修に従事。2019年4月より東京都立広尾病院で救急科後期研修を開始。

message
国内外の医療課題に取り組みたいと考えている医学生の皆様、医師になられた暁には、ぜひJMA-JDNにご参加ください。

※先生方の所属は、寄稿当時のものです。