療育に関わる専門職【後編】(1)

皆さんは、「療育」という言葉を知っていますか?療育とは、障害のある子どもが将来社会的に自立し、より良い生活を送れるように発達を支援することです。心身障害児総合医療療育センターは、療育の理念を提唱した故高木憲次博士ゆかりの施設です。今回は前号に引き続き、このセンターで、歩くことが難しい子どもとその親を対象にした生活指導などを行う親子入園を担当されているチームの方々にお話を伺いました。

声をかけやすい関係を築く

先生

――多角的な視点から親子を支援するためには、多職種間の綿密な連携が必要ですよね。

田中伸(S*1):はい。特にリハビリ系スタッフは、普段は親子と個別で関わることが多いので、どうしても自分の専門分野にとらわれて考えが偏りがちになります。やはり他職種から様々な情報を得る機会は重要です。

亀山(保育士):私も親子と関わる際は、「この子はこういう子、この親御さんはこういう方」と決めつけないように心がけています。他職種に訓練の時の様子を聴くなどして、広い視野を保てるようにしています。

伊藤(看護師):退園後を見据えて各機関との調整をする際にも、このチームは非常に頼りになります。退園後に地域に帰ると、小児のリハビリをしっかりみてくれる施設はなかなか多くありません。入園中は、集中的なリハビリや支援を受け、手ごたえを感じる親御さんが多いのですが、その分退園後への不安も募りがちなのです。でもここのスタッフは、「できないのだから仕方ない」で終わらせず、「こういう方法ならニーズに合うかもしれない」などと前向きな助言をくれます。それがきっかけで地域との調整が進むことも多く、ありがたく感じます。

――多職種間でどのように連携をとっているのですか?

山口(医師):毎週金曜の夕方、各部門からスタッフが集まり、全ケースの情報交換をするカンファレンスを開いています。個々のケースについては、入園から4週間後に担当者が集まり検討します。その他、何かあれば電話やメールで適宜連絡しています。病棟看護師やSW*2がハブとなることが多いですね。

鳥飼(看護師):職種間の連絡調整のほか、「訓練中に訊きそびれてしまった」「訓練後にこんなことに気付いた」などの親御さんからの言付けを、各部署に連絡したりもしています。

徳井(心理士):誰かが看護師に何か報告すると、それが速やかにチーム全員で共有されるようになっているのです。医療的な課題だけでなく、細かなスケジュール変更などもきちんと全員に伝わっているので、スムーズに連携できます。

田中慎(O*3):リハビリ系スタッフ間では、特にPT*4とOTはスタッフルームを共有してフリーデスクで仕事をしているので、密な情報交換ができます。

竹本(P:病棟にも1日1回は行く機会があり、医師や病棟看護師とはそこで情報共有や確認をしています。そのほか、気になることがあればすぐに病棟に連絡するようにしています。ナースステーションに行けば、常に誰かしらスタッフがいて、雑談も交えながら情報交換できるので、自然と連携をとりやすい雰囲気がありますね。



*1 ST…言語聴覚士(Speech・Language-Hearing Therapist)
*2 SW…ソーシャルワーカー(Social Worker)
*3 OT…作業療法士(Occupational Therapist)
*4 PT…理学療法士(Physical Therapist)