グローバルに活躍する若手医師たち(前編)

日本医師会の若手医師支援

JMA-JDNとは

Junior Doctors Network(JDN)は、2011年4月の世界医師会(WMA)理事会で若手医師の国際的組織として承認されました。JDNは、世界中の若手医師が情報や経験を共有し、未来の医療を考えて行動するための画期的なプラットフォームです。日本医師会(JMA)は2012年10月に国際保健検討委員会の下にJMA-JDNを立ち上げました。これまで若手医師の集まりは学会や医局、地域、NGOなどの枠組みの中でつくられてきました。JMA-JDNは、多様な若手医師がそれらの枠組みを超えて、公衆衛生や医療分野において自由に自分たちのアイデアを議論し行動できる場を提供したいと考えています。関心のある方は検索サイトやFacebookで「JMA-JDN」と検索してみてください。

今回は、JMA-JDNの若手医師より、Universal Health Coverageについて、アジア大洋州医師会連合総会、世界医師会総会・JDNミーティングの報告を寄せてもらいました。

 

Universal Health Coverage Dayを通して
医療制度の歴史を学ぶ

東京大学大学院 医学系研究科公衆衛生学 JMA-JDN元代表 阿部 計大

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)では、2030年までにUniversal Health Coverage(UHC)の達成を掲げています。UHCは「すべての人々に、健康増進、予防、治療、リハビリテーション、緩和ケアに関する、質が高く、効果的な保健医療サービスへのアクセスを保証し、かつそれらを利用したことによって経済的困難に陥ることがないことを保証すること」と定義されます。これまで国際保健の目標は、多くが結核やHIVへの対策など、特定の疾患を念頭においたものでした。

しかし、各国が持続可能で、質の担保された医療提供体制を築かなければ、疾病対策も効果的に行えません。医療提供体制の構築のためには、人が健康であることは基本的権利の一つである(Health for All)という理解を様々なステークホルダーが共有する必要があります。UHCの概念はその理解を促進しています。多くの国がUHCの実現のために困難に直面しています。

日本は戦後の1961年に国民皆保険を達成し、質の担保された医療提供体制を充実させてきました。結果的に近年は世界トップレベルの長寿国となり、乳児死亡率の低さも目を見張ります。日本の先人たちは、UHCの実現のためにどのような困難に直面し、どのように乗り越えたのでしょうか。それらを調べて発信するために、JMA-JDNの有志はUHC Youth Networkの活動に参画しています。

2019年12月12日のUHC Dayでは、世界銀行と世界保健機関がつくるUHC2030より競争的資金を獲得し、日本のUHCの実現に深く関与されている政治家や行政官、学者、医療従事者、市民社会組織構成員の方々にご経験を語っていただきました。それらを撮影、翻訳して世界に配信しました。活動を通して、私たちは日本の医療制度の歴史を深く学ぶことができました。これらのスピーチ動画は多くの方に示唆を与えるものと信じています。

 

 

阿部 計大
手稲渓仁会病院で研修し、家庭医療専門医取得。東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学で博士課程を修了し、研究を続けている。

message
作成した動画は、UHC Youth NetworkのYouTubeチャンネルでご覧いただけます。

※先生方の所属は、寄稿当時のものです。