医学生×新聞記者
同世代のリアリティー

新聞記者 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は、新聞記者3名と、医学生3名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「新聞記者」

今回は、新聞記者として働く社会人3名に集まっていただきました。どうしてこの仕事を選んだのか、普段どのような働き方をしているのか、仕事のやりがいは何かなど、詳しくお話を聴きました。

新聞はどのように作られている?

玉城(以下、玉):皆さんの現在の仕事内容を教えてください。

神谷(以下、神):私たち3人は同じ新聞社の同期で、今年で10年目になります。私は運動部に所属していて、パラスポーツの担当記者をしています。パラスポーツの大会や選手の取材などをしていて、東京パラリンピックも担当する予定です。

天田(以下、天):私は社会部に所属しています。これまで災害や原発、裁判・事件などを広く取材してきました。最近では北海道地震の取材にも行きました。

原田(以下、原):私は放送芸能部に所属しています。芸能人のインタビューや伝統芸能の紹介などを行っています。新聞社にはあまりない、珍しい部署だと思います。

田谷(以下、田):皆さんは取材や記事の執筆をお仕事にされていますが、そもそも新聞はどのようにして作られるのでしょうか?

:紙面を作るのは、主に取材をする「取材記者」と、記事のレイアウトを作る「整理記者」が分担して行っています。私たち取材記者は、ネタを見つけて取材し、記事を執筆します。整理記者は、記事を受け取って見出しをつけたり、紙面を整えたりします。そして紙面ができたら、校閲部がチェックします。校閲が済んだら、印刷工場で印刷が行われます。こうして作り上げられた新聞を、販売店が読者に届けます。

:販売店は、実は私たち新聞社とは別の組織です。ただ、多くの新聞社は販売店と強固な連帯関係を築いています。泊まり込みで販売店での配達業務を経験することが、新人記者の研修の一環に組み込まれていたりもします。

吉田(以下、吉):別組織なのに、泊まり込みで実際に配達するのですか?

:そうです。朝・夕刊を配るので、体力的になかなか厳しい研修でした(笑)。

:ちなみに、朝刊はどの地域も同じ時間帯に届けなければならないので、到着時間から逆算して、何時までに記事を完成させるかを決めています。

:知らなかった。新聞を届けるまでには多くの人の連携が重要なのですね。

新人記者から一人前になるまで

:皆さんはもともと記者として入社したのですか?

:そうです。私たちの会社の場合、先ほど紹介した取材記者と整理記者が、編集職という枠で一括して採用されます。

入社後、一般的に新人記者はまず地方支局に配属になり、地元のニュースを集めるところから始めます。警察署で情報収集をしたり、地域のイベントや市民団体を調べたりします。

:記事のノルマなどは課されるのでしょうか?

:地域面の1〜2面を支局のメンバーで分担して執筆するため、どうしてもノルマが生じます。私たちの会社は地域密着を大切にしているので、地域面の分量も多く、一人あたり1日1~2本の記事を書かなければいけません。

:実はネタがない日もあって、そういうときは結構大変です。同じような記事が並んでしまうこともありますね。

:「市内で珍しい植物が見つかりました!」という記事が続いたこともありました(笑)。

:記事になる情報を自分で探し出すのは苦労しますか?

:そうですね。でも、だからこそ常に何かネタがないか、アンテナを張るようになりました。こういう経験を重ねて、徐々に一人前の記者になっていくのだろうと思います。