看護師(認知症看護)(前編)

これから医師になる皆さんは、どの医療現場で働いても、チーム医療のパートナーとして看護師と関わることになるでしょう。本連載では、様々なチームで働く看護師の仕事をシリーズで紹介しています。今回は、東京都健康長寿医療センターの認知症看護認定看護師、白取絹恵さんと木村陽子さんにお話を伺いました。

認知症の方が、安心して治療を受けられるように

先生

――お二人は認知症看護を専門にされていますが、認知症看護の仕事とはどのようなものか、教えていただけますか?

白取(以下、白):私たちの病院は高齢者の方を専門とした急性期病院なので、院内の全病棟に認知症の方がいらっしゃいます。以前院内で行った調査では、認知症の診断を受けている方は入院患者全体の約2割、それ以外でも入院時に認知機能が低下している方、一時的なせん妄のある方などは約3割という結果が出ています。

そのなかで私は、認定看護師として精神科リエゾンチームに所属し、認知症の方への病棟横断的なケアに取り組んでいます。このチームは精神科医・臨床心理士・ソーシャルワーカー・薬剤師・看護師で構成されており、週1回の定期的なラウンドを行っています。ラウンドでフォローできない分は個別に相談を受け、チームにつないでいます。

木村(以下、木):私は病棟師長を務めているので、主に自分の病棟で、認知症の方がなるべく安心して治療を受けてもらえるよう、必要な支援を行っています。例えば、重度の認知症で治療の内容が理解できない方の場合、治療の際に怖い思いをしないように療養環境を整えたり、身体拘束を最低限にするなど、ケアの仕方を工夫しています。

認知症の方が不穏な状態になるのには理由があります。ただしその要因は人によって様々です。他の看護師や精神科リエゾンチームとも相談しながら、ご本人の困っていることを知り、関わり方を工夫したり、ご本人やご家族、ケアマネジャーさんを交えて話し合ったりしています。

――病院内に認知症の方が多くいらっしゃるなかで、全体を横断的に見ている方と、一つの病棟を担当する方がいらっしゃるのですね。お二人は日々の業務以外に、教育などに携わることもありますか?

:はい。認知症看護の専門家として、院内の研修や勉強会を主導することもあります。また、各病棟に認知症リンクナースを設け、リンクナースの集まる委員会で勉強会や事例検討を行っています。

――勉強会ではどのようなテーマを扱うのでしょうか?

:勉強会では一つのテーマについて議論します。例えば、「食事を出しても食べない方にどう関わるか?」というテーマです。認知症の方の場合、つい「認知症だから食べられない」と判断して、胃ろうにするかどうかなど、すぐ次の処置を考えてしまいがちです。しかし私たちは、まずは「なぜ食べられないか?」を考えるようにします。もしかしたら前回の食事の際に気持ちが悪くなってしまった記憶が残っていて、食事を怖がっているのかもしれません。認知機能の低下によってお箸を使えないけれども、手でつかめるものなら食べられるかもしれません。このように、患者さんそれぞれの困りごとの原因を考え、残った身体機能・認知機能で何ができるのかを、常に試行錯誤していますね。