日本政府・関係機関の対応 2020年3月(前編)

(クリックで拡大)

*7 入院患者が増大し、重症者等に対する入院医療の提供に支障をきたすと判断される場合には、「PCR 等検査陽性であっても、軽症者等は、自宅での安静・療養を原則とする」
*8 クラスター班の分析を踏まえ、軽症者から感染が拡大していること、「一定条件を満たす場所において、一人の感染者が複数人に感染させた事例が報告されている」ことから、重症化リスクが低く症状の軽い人へ感染拡大防止への協力呼びかけ

青字:日本医師会の対応
※組織名・役職等は、全てそのイベント発生時点のものです