日本政府・関係機関の対応 2020年4月(前編)

(クリックで拡大)

*10 3月19日の状況分析・提言から2週間経過したことを受け、「自分の地域の感染区分をどう判断すればいいか」という疑問に答えるために判断指標を示したり、「コロナ疲れ」「自粛疲れ」が見られたことから市民への双方向的な手段での行動変容支援の必要性などを指摘 *11 発令対象については「累積の感染者数/感染者が2倍になるのにかかる日数/感染経路が不明な症例の割合」の3つの指標に基づき決定

青字:日本医師会の対応
※組織名・役職等は、全てそのイベント発生時点のものです