医学生×社会学研究者
同世代のリアリティー

社会学研究者 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は、社会学を研究する研究者3名と、医学生3名で座談会を行いました。

※取材は2020年2月上旬に実施しました。医学生の学年は取材当時のものです。
同世代

今回のテーマは「社会学研究者」

今回は、大学院で社会学を研究する研究者3名に集まっていただきました。社会学とはどのような学問なのか、どのようなテーマの研究をしているのか、その研究テーマを選んだきっかけは何かなど、詳しくお話を聴きました。

社会学ってどんな学問?

小口(以下、小):皆さんは大学院で社会学を研究されているそうですが、どのような研究をしているのでしょうか?

庄子(以下、庄):僕は自身の出身地でもある福島県をフィールドに、東日本大震災後の福島県の復旧やその課題について研究しています。

菅森(以下、菅):私は乳がんを経験した人の病気への意味づけや、患者会と呼ばれる患者さん同士のネットワークを研究しています。ちなみに私は大学卒業後に社会人になった後で再入学した社会人学生です。

笹川(以下、笹):私は茨城県の農山村をフィールドに、過疎化や高齢化などの問題を抱えた農山村の地域づくりについて研究しています。私も一度大学を卒業後、実際に地域づくりに携わった後で、再び大学院に入学しました。

立木(以下、立):社会学とはどのような学問ですか?

:インタビューやアンケートなどの社会調査を使って、人々の価値観や関係性の結び方などを理解することを目指します。「他者の合理性の理解」と呼ばれることもあります。

:例えば、病気をした方がその病の経験を人生の中でどのように意味づけているのか、患者さんと医師はどんなコミュニケーションを行っているのかなどが研究の対象になりますね。

:フィールドは違いますが、私たちはフィールドワークとインタビュー調査を方法にしている点で共通しています。

渡邉(以下、渡):社会学を学んだ人はどのような進路を選択するのでしょうか?

:学部生の就職先は様々です。社会学部にはメディアについて学ぶ学科も多いので、広告業界やマスコミを志望する人は多いと思います。一方で、大学院を志望する学生はあまり多くないと思います。大学院の博士課程まで進むと、進路としては研究者がほとんどになります。

:私は修了後、再び地域づくりに関わりたいと思っています。社会学は身近な場所に問いを見つける学問だから、仕事と研究を行ったり来たりできるのかもしれません。

:最近は私たちのように、社会人になってから大学院に入学したり、仕事をしながら研究をする人も多いですよ。

:仕事と研究の両立は大変ではありませんか?

:幸い理解のある職場なので、あまり無理は感じません。また、研究発表や資料の集め方が仕事にも役に立っていると感じることも多いです。ただ、もう少し文系の博士号が一般企業などからも評価されればいいのに、と思うこともあります。

:なかなか常勤職に就けない「ポスドク問題」など、文系の博士課程院生の進路には課題が多いですね。

:医学部の勉強は卒業後の進路に直結しているのですが、つい受け身になってしまって、敷かれたレールの上を走っているような感覚になることもあります。皆さんのように自発的に大学院で研究する人の熱意は、刺激になります。

研究内容を選んだきっかけは?

:皆さんが自身の研究内容を選んだきっかけは何だったのでしょうか?

:私がフィールドにする農山村は、過疎や人手不足などへの対策として、他の地域との合併や、外部者を3年間地域づくりに参加させる「地域おこし協力隊」という制度を利用して、地域おこしを試みています。かつて私もその一人として地域づくりに参加しました。その活動の中で、合併で地名がなくなった地域住民の喪失感や、「『よそ者』としての外部者」と地域住民との葛藤に気付きました。この気付きをきっかけに今は、その葛藤を通して外部者がどう変わっていくか、反対に、地域住民は外部者との交流を通してどのように「地域」を再発見するのかを、お祭りなどの地域活動に参加しながら聴き取っています。

:私は学部生の時、看護師さんにインタビューをし、その内容を卒業論文にしました。自分にできないことを仕事にしている人に興味があったからです。ただ、社会人になった後も看護師さんの包容力への感動を忘れられず、今度は病をケアする医療者ではなく、病の当事者について研究しようと思いました。自分が女性であることと、先生の助言もあって、乳がんというテーマに至りました。

現在、女性にとって乳がんはとても身近な病気である一方、乳がんを公言する人が多いわけではありません。乳がん経験者が心に抱えるストレスを解消するには、家族や医療者だけでなく同病者の存在が重要になります。最近は患者会やイベントに参加しながら、女性同士の関係という観点から、乳がんの同病者関係を考察しています。

:僕は学部生の時に起きた震災をきっかけに、地元のことを考えたいと思いました。自分はたまたま社会学部にいるから、友達や知人に話を聴きながら、震災後の福島で生きている人たちが何を考えているのかを調べようと思ったことが、研究の始まりでした。当時も今も「福島」と聞いて福島に住んでいない人が抱くイメージと、住んでいる人の様子との間にギャップがあります。それが当時からの問題意識というか、考えたいことの根本にありますね。修士課程からはそのギャップを考えるために、福島における「笑い」について研究しています。

:自分の経験が研究テーマになることも多いんですね。医学と関わりのあるテーマでも、アプローチが違って新鮮です。