レジデントロード

番外編 臨床以外の道に進んだ先輩に聴く
【医系技官】石橋 七生先生
(環境省大臣官房環境保健部環境安全課)-(前編)

石橋先生

――まず、医学部に入学された理由をお聴かせください。

石橋(以下、石):高校生の頃、「将来は社会の役に立つ仕事がしたい」と思い、進路について様々に検討しました。そのなかで、医師というとても身近な、かつ人の命を預かるという仕事に魅力を感じたんです。

――医系技官を目指そうと思ったきっかけは何でしたか?

:小・中学生の頃は海外に住んでいたのですが、格差も激しく、道を歩けば物乞いの人がいるといった光景を目の当たりにしました。それを通じて医療の社会的背景や課題に着目するようになり、漠然と「国際保健」という分野に関心を持つようになりました。

医学部に入ってからは、国際保健に関わるにはどのような道があるのか色々と情報を集めました。ネパールで医療支援活動をされている方のところで勉強し、実際にネパールでの活動に参加もしてみました。そうするうち、「国際的な支援も重要だけれど、日本にも医療体制に課題がある地域や、支援が必要な人たちがいる」と考えるようになり、まずはより身近なところから関わっていきたいと、医系技官を意識するようになったのです。また、医系技官になれば、WHOなどの国際機関に出向して国際保健に携わる道筋もできると考えました。

――医系技官以外の道に進むことも視野に入れていましたか?

:はい。やはり、臨床の道に進むかどうかで迷いました。また、地方の大学にいたことから、医系技官の仕事についての十分な情報が入ってこなかった点でもためらいは感じました。

本格的に医系技官を目指そうと決意したのは臨床研修中です。「病院では、病院に来た人にしか関わることができない」と実感し、「自分は病院に来る前の生活や、それに関わる保健医療政策を良くする仕事に携わりたい」という思いが強くなったんです。「医系技官の仕事の具体的なイメージがつかめないなら、とりあえず働いてみればいい。もし働いてみて合わなかったらもう一度臨床に戻ろう」と考え、採用試験を受けることにしました。幸い仕事は非常に楽しく、このまま医系技官としてキャリアを重ねていこうと考えています。

――入職後の歩みや仕事のやりがいについてお聴かせください。

:最初の2年間は厚生労働省の国際課に配属され、WHOなどの国際機関やG7・G20などの国際会議の連絡窓口と省内の取りまとめを担当しました。具体的には、国際会議の場で上司や自分自身が日本を代表して発言するので、その議題を総括して資料を用意したり、省内の担当部署と調整しながら発言する内容を取りまとめたりします。自分の用意した原稿が、日本を代表する発言として国際的な場で発表されることには、非常に責任とやりがいを感じました。

大変だったことは、日本の現状を他国に正確に説明する部分です。社会システムも文化背景も異なる国に、こちらの「当たり前」をわかりやすく伝えるのは意外と難しいことでした。

3年目からは環境省に出向となり、熱中症や紫外線、内分泌撹乱物質など「環境から人の健康に影響を与えるもの」に関する影響の評価や普及啓発を行っています。熱中症などの社会的に非常に関心が高い分野について、最新の情報を広く啓発できる点にやりがいを感じます。