地道な実践と失敗を積み重ねて、
研究者に必要な判断力を養う
~基礎研究者 平 義樹先生~(前編)

今回は、長年、大学で基礎研究と教育に携わってこられた平先生に、これまでのキャリアや研究者としての苦労、医学教育に対する思いなどを伺いました。

地道な研究生活

藤根(以下、藤):平先生は基礎研究者として、出身大学の旭川医科大学で長く解剖学の教鞭を執られ、近年は高大連携活動*などの社会貢献もされています。ただ、私にとっては学生時代に所属していたサークルの顧問でもあるので、肩の力を抜いてざっくばらんにお話を伺いたいと思います。まず、先生はなぜ医学部を志したのでしょうか。

:実は、高校生になるまで医学部に進むつもりは全くありませんでした。ですが友人には医学部志望者が多く、高校1年生の時、理科の選択科目で化学と地学を選ぶと、皆に「医学部に行くなら生物だろう」と言われ、選択を変えさせられました。

それでも医学部に進むつもりはなかったのですが、高校3年生の時に父が病気をし、地元の旭川を離れるのが難しくなりました。旭川の外でも医学部なら許されるのではと思いましたが、試験の結果、旭川医大に進学することになりました。

それからの6年間は、父が亡くなったりしたものの、楽しい大学時代でした。同期に小児科志望が多かったこともあり、卒業後は私も小児科の臨床医になろうかと思っていました。

ただ、当時解剖学で流行していた定量形態学にも関心がありました。4年生から出入りしていた解剖学教室で基礎研究を続けるという進路も考えましたが、家に経済的余裕がなかったので難しいと思っていました。ですが卒業直前、助手の席が空くという話があり、それならばと決心しました。実は、数学が得意という理由で衛生学教室からも誘われていたのですが、数学や物理が好きなあまり、実験に積極的に取り組んでこなかったので、むしろ実験をしようと思い、解剖学を選びました。

:卒業後はどのような生活を送られたのでしょうか?

:最初はハムスターの松果体を研究しました。ハムスターは松果体の大きさに日内変動があるので、その細胞の大きさや細胞小器官の大きさを、電子顕微鏡を見て測定し続けました。これを3年間、ほぼ毎日。ただ、この地味な修行時代のおかげで自分の電子顕微鏡写真の見方のベースができたと思います。

その後、免疫染色という新しい技術を学ぶため徳島大学に国内留学し、卒後10年ほど経った頃、ラットの松果体に関する論文で論文博士を取得しました。

とにかく毎日、電子顕微鏡を覗いて、ブリーダーのごとく多くの動物を育てていましたね。

:私がお手伝いに伺ったこともありましたね。

:当時はお世話になりました(笑)。さて、論文博士を取って区切りがついた頃、新しい教授が就任します。それで研究の方向性ががらりと変わり、視床下部から分泌、ゴルジ体・小胞体と、焦点も移っていきました。それが今の研究にもつながっており、ここ何年かは神経細胞のゴルジの配列を研究しています。ただ、細胞生物学は理学系の研究者が強い分野なので、医学部で論文投稿の水準まで研究を進める難しさも感じています。

インタビュアーの藤根先生。

研究者・教員としての生き残り

:基礎研究を続けるうえで苦労したことはありますか?

:いくら強調しても足りないのは、大学の研究者・教員として生き残るためには、資金調達と業績が必須であるということです。高大連携活動を行うようになった経緯には、研究費の足しと業績にできないかとの目的もありました。しかし、実際に活動を始めるとそちらが忙しく、本業の研究はあまり進みませんでした。特に、平成25~28年度に手掛けた、高校の先生を集めて合宿を行うイベントは資金的にも最大規模で、楽しかった一方で非常に忙しかったですね。

それがひと段落した頃、医学科から看護学科に移ることになり、のんびり研究できるかと思いましたが、こちらはこちらで教育が忙しく、やはり研究は思うようには進みません。医学の中でも解剖学はまだ研究者の教育活動が認められる分野ですが、資金を得て研究を進め、業績を上げることが重要なのは同じです。私もできることを必死にやり、何とか細々と研究を進めてきました。本末転倒になることもありましたが、経験としては悪くなかったと思っています。

*高大連携活動…平先生が、文部科学省の「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)」事業において、生徒の科学技術、理科・数学に対する興味関心と好奇心を育成することを目的とし、地域の高等学校と連携して行った学習活動。