医学生×他学部生
同世代のリアリティー

コロナ禍での学生生活 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は、様々な学部の大学生3名と医学生2名でオンライン座談会を行いました。

※取材は2020年8月中旬に実施しました。医学生の学年は取材当時のものです。
同世代

今回のテーマは「コロナ禍での学生生活」

新型コロナウイルス感染症の流行により、学生生活にも様々な影響が出ています。今回は、医学部以外の学部に通う大学生の生活がどのように変わったか、ざっくばらんに語ってもらいました。

大学で何を学んでいる?三者三様の専攻

加輪上(以下、加):皆さんは、大学でどのようなことを学ばれているのですか?

佐藤(以下、佐):僕は化学科です。勉強していることをわかりやすく説明するのは少し難しいのですが…。簡単に言うと、ある材質の物について「これはどういう物質から作られているのか」を考える勉強をしています。「こういう材質の物を作るにはどのような物質が必要か」「もっと良い作り方があるのではないか」といったことを、深く追求するような学問ですね。

:私は音楽学部で、楽器のレコーディングやアニメーションのサウンドデザインを学んだり、立体音響の研究を行ったりしています。

ラタントゥク(以下、ラ):私は美術大学の情報デザイン学科で学んでいます。情報デザインとは、様々なメディア媒体において、受け手が理解しやすいように情報を整理する手段・手法のことです。プログラミングやアプリケーションなどの最先端技術を駆使しながら、最終的には皆さんの生活を豊かにすることを目指しています。

実習が中止になり、手を動かすことができない…

:僕が通う奈良県立医科大学は、5月まで学校が休みで、6月から学年ごとの分散登校が始まりました。僕たち2年生は、この春から人体解剖が始まる予定でしたが、規模を縮小して秋に行うことになりました。

高須(以下、高):私が通う東京医科大学では、6年次に予定されていた病院実習が全部なくなってしまいました。今は自習室でひたすら卒業試験と国家試験の勉強をしています。また、6年生は夏に病院見学に行くことが多いのですが、控えるように言われていたり、病院側が受け入れていなかったりするので、思うように希望の病院について知ることができません。皆さんの大学は新型コロナウイルスの影響でどうなりましたか?

:僕は去年まで教養学部にいて、3年生になった今年からようやく化学科らしい授業が始まる予定でした。本来なら午前に座学、午後には実験を行うはずだったのですが、実験はできなくなってしまいました。その結果、午前中はオンライン授業になり、午後は実験のデータをもらって、それらのデータを解析し、その結果の考察をレポートにまとめるという形の授業になりました。普段よりもレポートの量が増え、かなりきつかったです。

:医学部もそうですが、手を動かすことに慣れる必要がある学部だと、必要な技術が身につけられないなど、色々と大変ではないかと思います。

:そうですね。薬品の扱いを知らないまま、4年生から研究室配属になってしまうのかと思うと、正直なところ心配ではあります。夏休みに短期で研究室の実験に参加できるイベントがあるので、そういったものを活用したいと考えています。

音が出せる環境が必要な音楽学部ならではの悩み

:私は、3年生までにほとんど座学の単位を取ってしまったので、今は卒業制作の準備をメインに行っています。新しい音楽空間を創造するというテーマで、24個のスピーカーを使った立体音響の作品の制作を進めているのですが、やはり音を出せる環境がないと難しいです。また、学生の中には、自宅では楽器の音を出せず、練習ができないという人も少なくありません。そこで、教授に申請して、できるだけ学生同士が会わないようにしながら練習室やスタジオを使わせてもらっています。

:リモートで行う授業などもありますか?

:声楽の授業では、パソコンの向こうで先生が伴奏してくださるのに合わせて歌ったりしたのですが、タイムラグがあるので、結構難しかったです。

また、後輩のことも気になっています。通常、1年生は先輩のレコーディングに付いて行って機材の扱い方などを学ぶことになっているのですが、今はそれができません。一人で学校のスタジオでレコーディングを行うためには、機材の扱い方に関する検定を受けなければならないのですが、どうやって学んでいるのか心配です。