バックヤードチーム(前編)

これから医師になる皆さんは、どの医療現場で働いても、チーム医療を担う一員となるでしょう。本連載では、様々なチームで働く医療職をシリーズで紹介しています。今回は、新型コロナウイルス感染症の流行に際して東京医科歯科大学医学部附属病院に臨時的に設立された、バックヤードチームについてお話を伺いました。

チームが設立された経緯

――バックヤードチームが結成された経緯について教えてください。

藤田(以下、藤):当院では4月から新型コロナウイルス陽性の入院患者さんを受け入れました。いざ患者さんが来てみると、一人の患者さんに通常の5倍以上の人手がかかるということがわかりました。特にケアの部分で人手不足になり、主に看護師などにしわ寄せが来るようになりました。

それに伴い当院では、4月中旬から通常診療をかなり絞り込み、救急や手術を止めて、人手を浮かせる方針を取ることになりました。私たち整形外科は新型コロナウイルス感染症の診療に直接関わらないこともあり、徐々に手が空きました。そこで教授の声掛けにより、整形外科医を中心に手の空いた医師でバックヤードチームを結成し、新型コロナウイルス感染症診療の最前線にいる人たちをバックアップしようということになったのです。

――バックヤードチームは、具体的にはどのような役割を担われたのですか?

:具体的に何をやってほしいという指示はありませんでしたが、当時は皆が目の前のことで精一杯で、誰の仕事でもない仕事が大量にこぼれ出てきました。普段ならそういった仕事も誰か気付いた人が拾うのですが、その余裕もなかったため、バックヤードチームはそれらを一手に引き受けました。私は、チームに舞い込んできたあらゆる仕事を整理し、李先生など若い先生に割り振っていました。

:まず、スタッフ全員が自分たちの身を守りながら診療に参加できるようになるために、PPE *の正しい着脱方法を周知する必要がありました。当初はICUの先生が着脱講習を行う予定だったのですが、ICUの先生は患者対応で忙しかったので、私たち若手医師が主体となって方法を教わり、その後600名程のスタッフに着脱講習を行いました。当時はPPEが不足していたため、できるだけ少ないPPEで効率良く練習できるよう工夫しました。

現場での不安とやりがい

――印象に残った業務はありますか?

:患者さんの搬送やICUの清掃はやはり印象的でした。重症化した患者さんを目の当たりにすることになり、心理的な抵抗はなかったと言ったら嘘になってしまいますが、ICUの医師や看護師の業務が滞りなく行えるように立ち回っているうちに、自分たちが少しでも役に立っていると実感することができました。

:当時はまだ新型コロナウイルス感染症に関する情報も乏しく、自身が感染するのではないか、家族や周囲の人がどう思うかなど様々な不安がありましたから、「なぜ自分たちがこの仕事をしなければならないのか」という声も聞かれました。私も仕事を割り振る立場として、若い先生たちにこの仕事をさせて本当に良いのだろうかという葛藤もありました。しかし、最前線の一番大変なところで毎日働いている医師や看護師がその仕事に専念できるように、少しでも負担を軽くしてあげなければ、病院が持たなくなってしまうとも感じていました。

また、実際にバックヤード業務を行ってみると、医師や看護師からとても感謝されたのです。それで皆が徐々に前向きになっていったと思います。

 

*PPE…個人防護具(Personal Protective Equipment)。ガウン・エプロン・マスク・ゴーグル・フェイスシールド・手袋などのことをいう。