授業探訪 医学部の授業を見てみよう!【前編】

東北医科薬科大学「僻地・被災地医療体験学習Ⅰ」

この企画では、学生から「面白い」「興味深い」と推薦のあった授業を編集部が取材し、読者の皆さんに紹介します!

地域の中核病院での医療を体験

この授業は2年生の必修で、7~8月に行われます。学生は5~6人のグループに分かれ、東北6県の中核病院(19病院)で1泊2日の実習を行います。実習では外来や検査、救急など、医療の一連の流れを体験します。

実際に働く現場のリアリティを体感できる

学生は事前学習として、病院の特徴や医療圏の人口、高齢化率などを調べてから実習に臨みます。特に奨学生は将来働く県で実習ができるため、データだけではわからない現場のリアリティを体感することができます。

東北で働く意義や使命感を再確認できる

地域に赴くと、住民と医療職の関係や、多職種の関わりといった人と人とのつながりも見えてきます。さらに、医学生を心待ちにしている人が大勢いることも実感でき、東北で働く意義や使命感を再確認できるでしょう。

 

1 2 3
(写真左)院内を見学する学生たち。
(写真中央)南三陸町の仮設住宅を訪れました。
(写真右)皆で記念写真。絆も深まります。