withコロナ時代の医学教育
〜これからの医学生の学びはどう変わるか〜

医学生の学習に関する調査(前編)

今回の新型コロナウイルス感染症は、私たちの社会や生活を大きく変えました。その影響は、医学部での学びにも及んでいます。

これからの「withコロナ」の社会において、医学生の学びはどうなっていくのか――。ここでは、緊急事態宣言の余波が残る6月下旬に行われた「医学生の学習に関する調査」の結果の一部を紹介します。

 

【調査概要】

調査名:医学生の学習に関する調査

調査主体:一般社団法人MyFF

調査手法:国内の医師養成機関に所属する医学生を対象とし、 Googleフォームで回答を募った。

調査期間:2020年6月21日(日)~2020年7月3日(金)

回答者数:453名

※回答者属性などの詳細は、調査主体のMyFFのWEBサイト(http://myff.jp)に記載されています。

 

Q1 回答時点直近の1週間で【大学】に行った日数は何日ありましたか。
(大学以外への外出は含めません。大学での滞在時間の長さは問いません。)

調査を行った6月下旬から7月上旬は、医学生の多くがほとんど大学に行っていないことがわかりました。

緊急事態宣言は解除された時期ですが、多くの大学が対面形式の授業や実習を再開しなかったことが推察されます。

 

Q2 2020年4〜5月に、大学が提供するオンライン学習を経験しましたか。
あてはまるものをすべて選んでください。

 

 

オンデマンドやリアルタイム配信の講義は、約4分の3の学生が経験していました。通常の対面形式の講義の多くが、これらの形式で提供されたと考えられます。一方、オンライン形式の演習やグループワークなどを経験した学生は半分に届かず、双方向性のある学びの環境整備は遅れたと考えられます。

※パーセンテージは四捨五入のため、内訳の合計が100にならない場合があります。