医学生×社会人 同世代のリアリティー

職場の人間関係編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。
今回は「職場の人間関係」をテーマに、今年度新入社員として入社した3名(社会人A・B・C)と、医学生3名(医学生D・E・F)の6名で座談会を行いました。

今回のテーマは『職場の人間関係』

医学生は卒業後、指導医の下で様々な経験を積んで一人前の医師になっていきますが、同様に一般の社会人も、先輩や上司に揉まれながら成長していきます。職場の人間関係が大事なのは、医師も一般の社会人も同じなのです。

先輩の背中を見て仕事を覚える

医D:社会人になると、まずは直属の先輩の仕事を見て仕事を覚えていくものなんですか?

社A:僕は保険会社の営業で基本的には一人で回ってますけど、仕事のやり方は先輩にアドバイスしてもらいますし、大事な案件ではお願いして一緒に回ってもらいます。先輩も、20年上の上司も、入社した時にはみんな今の僕と同じ立場だった訳なので、困った時には頼りになります。

社B:僕は商社で働いています。僕の教育係の先輩は課のエースで、本当に何でもできちゃう人なんですよ。だから、後輩としてはプレッシャーですよね…。

社C:僕は電機メーカーです。うちの会社は研修が長くて、今週やっと配属なんで、直属の先輩というのはまだいないですね。

研修中に謝り方も教わる!?

医E:仕事をしていくなかで、叱られる場面もありますよね?その時はどうするんですか?

社B:僕は研修中に、どういう風に謝ればお客さんが引き下がってくれるのかを習いました。

医F:えっ、どうやるんですか?

社B:声のトーンを落とし気味に「申し訳ありませんでした」って言いながら頭を下げて、相手が「もういいよ」って言うまで頭を上げない。上司には「君には理由を説明せずに謝って、客を引き下がらせる才能がある。ただ、理由を説明できる語彙力も身に付けなさい」と言われてます(笑)。

医D:上司に謝る時にもそのスキルを使うんですか?

社B:上司には口答えせずに、向こうが言いたいことを全部言わせて、その後で「以後気を付けます」で終わらせます。彼らは指摘したくて仕方がないので、そういう時には「言わせた者勝ち」なんですよ。全部言っちゃえば、向こうは満足するので。

仕事上がりの飲みは断れない?

医F:社会人になると仕事上がりに付き合いで飲みに行くっていうイメージがありますけど、みなさんはどうですか?

社A:出張に行った時には支店の一番偉い人が食事に誘ってくれるんですが、誘われたら絶対に断るなと研修中にも言われました。飲みに行った先では、上司のコップが空いたらすぐにお酒を注ぐ。上司が話してる時はずっと目を見ながら話を聞く。うちはかなり体育会系ですよ。

社B:付き合いはなくはないですけど、うちの部署に限って言うとあまりないですね。でも先輩が飲みに行きたいオーラを出してたら、「行きますか、今日?」みたいな感じでこちらから察して誘うようにしてます。部署によるんですけど、多いところは本当に飲み会が多いですね。それを見て、飲みの少ない部署でよかったなあって思います。直接お客さんに関わる部署はやっぱり、「飲むぞ!」っていう雰囲気の社員が多いですね。

医E:飲み会でつぶれちゃうようなことはないんですか?

社A:それはないですね。飲むことを強要されることはないです。仕事柄個人情報を多く扱っているので、酔っ払って鞄をなくすと問題になりますしね。それは上司もよく分かっているので飲ませ過ぎることはありません。

社C:医師の飲み会の雰囲気は、科によって違うんですか?医療系の漫画を読んでると外科の飲み会は激しいって描いてあったので。あと、脱いでましたよ(笑)。

医D:やっぱり科によって雰囲気の違いはあると思います。たしかに外科の先生は、お酒の席で盛り上がるのが好きな人が多いイメージはありますね。

社B:うちの会社の飲み会でも脱ぐ人はいますよ。でも本当は脱いだら負けなんです。脱がずに場を盛り上げられる人が「本物」なんですよ。

同世代のリアルティ
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら