先輩医師インタビュー
田原 克志 (医師×医系技官)

求められるのはバランス感覚と長期的な視点-(前編)

臨床現場や「医師」という仕事の枠組を超えて、様々な分野で活躍する先輩医師から医学生へのメッセージを、インタビュー形式で紹介します。

田原 克志
1989年九州大学医学部卒業。医系技官として厚生省(当時)に入省後、福岡県衛生部医療指導課に赴任。2002年に厚生労働省医政局医事課に配属、臨床研修制度の設計に携わる。岡山県保健福祉部長、医政局医事課医師臨床研修推進室長を経て、現在、医政局医事課長。


公衆衛生との出会い 地域保健の最前線

大学在学中、公衆衛生の課題研究で成人T細胞白血病を扱った。この病気の原因となるのはHTLV−1というウィルスで、九州地方にキャリアが多い。このウィルスは母子感染が主な感染経路であり、感染を防ぐためには母乳でなくミルクで子どもを育てるように指導するなどの行政的な取り組みが必要だ。当時長崎県が対策に力を入れており、母子感染対策の取り組みを行っている行政の現場を訪れたり、長崎大学の衛生学の先生の話を聞いたりするなかで、田原氏は行政による感染対策が大きな効果を発揮する疾患もあると実感した。臨床だけでなく、行政の立場から医師として多くの人の健康を支えるという仕事に魅力を感じ、大学卒業後に厚生省(当時)に入省した。

「当時は医系技官として入省すると、まずは保健行政の現場を知るために地方の保健所に行くことになっていました。そこはまさに健康づくりや感染症対策の最前線。医師免許をもつ医系技官が大きな役割を担うことになります。」

医療機関で一人ひとりの患者を診ることが重要なのは言うまでもない。しかし同様に、住民と接しながら地域全体の疾病予防や健康づくりに働きかける仕事も欠かすことはできない。地域の取り組みに関わることで、制度が市民の健康維持・増進にどうつながるのかを実感する機会にもなった。

「結核やO−157などの感染症が発生すると発生源を特定し対処します。さらに拡大防止のための検査をして、住民が不安を感じないようにしっかりと説明をしていく必要があります。地域の人口や疾病の構成を踏まえて対応を考えるなど、医学的な観点から公衆衛生に関わっていくのが私たち医系技官の役割です。」


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら