日本医師会医学図書館-(前編)

約89,000冊の蔵書、約1,500タイトルの雑誌を利用できる図書館があります。

日本医師会ならではの蔵書収集

図書館サービス 都道府県ブロック別

日本医師会医学図書館は、東京都文京区にある日本医師会館にあります。地下1階~地下2階のフロアを使用したスペースで、約8万9千冊の蔵書、約1500タイトルの国内外の雑誌を取り揃えています。

創立は1949年、その後1969年に「医史学」「医政」「医療経済」の3テーマが蔵書収集方針として定められ、これらの書籍が特に充実している点が、医師会の図書館ならではの特色と言えます。

また雑誌については、多くの先生に幅広く利用していただきたいという考えのもと、特定の分野や診療科に特化したものというよりは、主にコアジャーナルを中心に収集しているそうです。1949年当初から雑誌のバックナンバーはすべて保存してあり、厚生労働省の報告書や白書も充実しています。

郵送やインターネットで利用申込ができる

「図書館は利用したいけど、東京にあっても行けない…」と思う方も少なくないかと思いますが、実はこの図書館、来館者はほとんどいません。というのも、図書館に足を運ばなくても、郵送やインターネットを通じたサービス申込ができるようになっているからです。平成23年度の実績では、利用件数3万5千747件のうち、44.4%が郵送・ファックス等、46.9%がインターネットによる申込となっています。では、具体的にどのようなサービスが行われているのでしょうか。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら