医学生×社会人 同世代のリアリティー

キャリア・出世 編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。
今回は「キャリア・出世」をテーマに、大卒4~5年目の社会人3名(社会人A・B・C)と、医学生3名(医学生D・E・F)の6名で座談会を行いました。

今回のテーマは『キャリア・出世』

医師が大学院進学や開業などで自分のキャリアを築いていくのに対して、一般の社会人は社内で出世するだけでなく、転職や起業などの転機で仕事そのものを変えることもあります。医師と社会人のキャリア観はかなり異なっているようです。

4~5年目はキャリアの転機!?

医D:皆さん社会人4~5年目の方々ですが、どういう仕事をしてらっしゃいますか?

社A:私は銀行員で4年目です。仕事は法人営業で、中小企業60社くらいを相手に、外回りに明け暮れています。お金を貸して、金融商品を売って、社長の資産運用の相談に乗って。まあ、典型的な体育会系の会社です。女性の同期は今ちょうど、バタバタと結婚してるところです。うちの会社はまだまだ男性社会なので、家庭と仕事の両立に苦労している子も多いみたいですね。

社B:僕は大学を卒業して3年間は百貨店に勤めてました。最初は「お客様の役に立てるような仕事がしたい」と思って働いたんだけど、お役所的な仕組みのせいでやりたい仕事をできない場面が多くなったので、思い切って転職しました。今は生鮮食品のコンサルタント会社で鮮魚を担当しています。

社C:広告代理店に勤めて今年で5年目です。僕自身は企業のPR活動を手伝うのがメインの仕事です。後輩も入ってきたので、彼らを使える人材に教育するのも大事な仕事になりました。

医E:銀行って転勤が多いイメージがありますけど、実際どうなんですか?

社A:私はまだ異動してないんですけど、銀行はだいたい3年周期で異動するものなので、同期は8割くらいが2つ目の支店に行きました。最初の支店で仕事のイロハを叩きこまれ、一人前になると「自分の力で頑張れ」と別の支店に異動になる…という感じです。

医F:自分のキャリアについて考えることってあるんですか?

社C:考えてはいますけど、正直に言っていま悩んでます。僕は異動が多くて今の部署が4つ目なんですが、上司とウマが合わなくて…。このままの状況で漫然と仕事してるとマズイなって焦り始めてるんですよ。

社B:社会に出たばかりの頃はキャリアなんて現実感がなかったけど、この年次になると少しずつリアリティーが出て来てるなって感じています。

医E:広告代理店って転職する人が多いんですか?

社C:多くはないけど、同期からも転職が出始める時期ですね。転職先はマーケティング業界、クライアント企業、後は公務員に転身する人もいるかな。

社B:公務員は選択肢として、非常に「アリ」だよね。

医D:何で公務員なんですか?

社C:公務員は時間が計算できるから、生活スタイルを確立しやすい。マスコミ業界は、労働時間がかなり長いしね。僕自身は9時半に出社して、終電で帰れたらラッキーですね。

社A:逆に、医師は他の診療科に移ることはないんですか?

医F:診療科を移るっていうのはほとんどないですけど、医局に入ると社会人が転勤するように大学と関連病院を行き来することになります。じゃあ君は来月から別の病院ねということはよく聞く話ですね。

社B:僕が百貨店の販売職から生鮮食品のコンサルタントに転身したように、社会人はキャリアの転機で職種や業界そのものを変えることがあるという点が異なっていますね。

やりたい仕事をやれる環境を自ら作る

医E:転職せずに社内に残っても、キャリアアップはできるんじゃないですか?

社C:たしかに、頑張っていればわりと自分がやりたい仕事をできる環境はあります。僕はサッカーが凄く好きなのでサッカーに関係した仕事とか、個人的な思いで仕事をやろうと思えばできます。でも、やりたい仕事以外にも所属している部署のミッションはあって、それにはちゃんと応えなきゃいけない。逆にそういう日々のタスクの質を高めていけば、周りからルーチン的な仕事を押し付けられることが少なくなる。だから任された仕事を頑張りつつ、やりたいことに関しては自分で努力して辿り着くという意識が大事だと思っています。

社B:うちのような社員40人ぐらいの規模の会社だと、一人で色んな役割をこなすことになるぶん自分の成長につながるとは思うんだけど、今の話を聞いてるとやっぱり大企業は自分のやりたい仕事を提案できる風土があるんだなと思います。

医E:やりたい仕事のために自分で起業するという選択肢もあるんですか?

社B: 自分のやりたい仕事が明確に見えていれば、起業するのもいいのかもしれないですね。でも、僕の場合はまだまだ今の会社で成長の余地があると思うので、起業というのはその後の話ですね。

同世代のリアルティ

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら