10年目のカルテ

開頭手術か血管内手術か
患者さんにとってベストな方を選択したい

【脳神経外科】根本 哲宏医師
(IMS(イムス)グループ
 横浜新都市脳神経外科病院 脳神経外科)-(前編)

人間の神秘に魅せられて

10年目のカルテ

――脳神経外科を目指したのはいつごろからでしょうか。

根本(以下、根):5年生のころだと思います。はじめは救命救急に興味があったのですが、病院実習を回るうちに、何か「これが専門だ」と言える部分を持ちたいなと思うようになりました。そんなとき、脳神経外科の手術の見学で脳を見せてもらう機会があったんです。学生の自分にとって、ヒトの脳を手術するってことはすごく衝撃で。しかも顕微鏡を通して脳を見たら、光の反射でキラキラしていてすごく美しかったんですよ。その瞬間に「これだ」と思いました。人間の神秘のようなものを感じて、それから脳神経外科を目指すようになりました。

――大学を出た後、医局に入らずに脳神経外科の単科病院に就職されていますね。

根:はい。医局にも脳神経外科はあったのですが、北原脳神経外科病院に勤務していたラグビー部の先輩が紹介してくれたんです。理事長に直接声をかけていただいたこともあり、就職を決めました。

――新人の頃の勤務はどのような感じでしたか?

根:はじめは本当に右も左もわからないので、救急外来に呼ばれて難しくない手術を手伝ったり、勉強のために看護師さんにお願いして採血をやらせてもらったり…という感じで一から学びました。脳の手術で最初に入ったのは慢性硬膜下血腫の手術だったと思います。

とにかく頭よりも先に体が動くようにと教えられてきました。目の前に患者さんが来たときに、すぐに動けない医師では困りますからね。「体で考えろ」みたいな感じでした。

――どのくらいの数の手術を経験してきたのでしょうか。

根:正直なところ、あまり覚えていません。もうとにかく忙しくて、脇目もふらず仕事をしていたという感じだったので。毎日あっという間に時間が過ぎて、一日が終わったら決まった飲み屋に飲みに行く…という生活がずっと続いていました(笑)。休みもほとんどなかったけれど、そういうものだと思っていましたね。

10年目のカルテ
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら