郡市区医師会の現場を見てみよう!(1)

実際の現場ではどんな活動が行われているのでしょうか。横浜市中区医師会・秩父郡市医師会・遠賀中間医師会の3地区医師会に取材しました。

地域住民に最も近い医師会

郡市区医師会は、地域住民の健康と医療に最も近いところで活動をしている医師会です。会員は主に地域の診療所や病院の常勤の医師ですので、どんなニーズがあるのかが医師自身に見えやすく、地域のニーズに応じたきめ細やかな対応ができる立場です。また「医師一人ひとりが市民のために」というところに医師会活動の原点があるので、医師会の入会窓口も郡市区医師会が担っています(大学医師会も郡市区医師会の一種であり、大学等で医療に従事する医師は、大学医師会に入会する場合もあります)。

今回は3つの郡市区医師会を取り上げました。それぞれを見るとわかるように、3つの医師会が力を入れて取り組んでいる内容には独自性があることがわかります。

もちろんどの郡市区医師会も、予防医療や健康増進、休日・夜間診療などの一次救急、さらにいえば急性期から戻ってきた後の在宅医療や訪問看護といった、どこの地域でも必要とされるベースラインを守る活動は行っています。そこにプラスアルファとして、地域独自のニーズに合わせた活動を自主的に行っているのです。

これらの活動は、行うことによって診療所が儲かるようになるというわけでもありませんし、必ず行わなければならないということでもありません。むしろ、日常の診療だけでも忙しい医師にとっては、「負担」と感じられることもあるかもしれません。そこで当然生まれてくるのが、「そこまでして、ボランティアのような医師会活動にわざわざ参加する意味があるの?」という疑問だと思います。

ネットワークとしての役割

医師会活動を行うことの大きなメリットは、医師同士のネットワークができることです。大学病院などに所属している間は、自分の専門外の診療科の医師が周りにいるのが当たり前かもしれませんが、地域の診療所や医療機関に配属になったり、開業したりすると、ひとつの医療機関では医療が完結できない場合も発生します。そこで、近隣の医療機関の医師たちが連携しながら医療を行う必要が出てきます。

専門外で診られない患者さんを地域の別の医療機関に送る立場でも、逆に市立病院など急性期の医療機関で患者さんを受け入れる立場でも、双方が互いのことを知っていることは、医師や医療機関が連携する上でとても重要です。郡市区医師会はそんなネットワークとして機能します。

普段から医師会活動を通じて相互に交流していることによって、同じ科を標榜する先生でも、それぞれ専門性があることがわかったり、それをあらかじめ知っていることで、急変時の対応を変えたりすることができます。医療はひとりではできないからこそ、横のつながりによってお互いが気持ちよく仕事をすることができるのです。

このように、医師会という枠組みを通じて地域の診療所や病院が連携・協力して、地域住民の健康を守る――それが郡市区医師会の活動です。大学や大規模病院で、医局内や部門を越えた医師の連携・協力が必要なのと同様に、地域医療にあたる医師も互いに助け合い、大きな組織のような形で地域住民の様々なニーズに応えていく――郡市区医師会の存在意義は、この点にあるのではないでしょうか。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら