医師会の今後について 
役員と学生が真剣に話してみた(1)

今後、医師会と医学生はどのように関わっていけるのか? 役員から医師会の説明を聞いた上で、ざっくばらんな意見交換を行いました。
今村先生 道長先生

「医師会」について

A:まず、どんな経緯で「医師会」に入られた先生方が多いのでしょうか?

今村副会長(以下、今):医師会は「地域住民の健康と医療を守る」活動を目的とした組織ですが、はじめからその志を持って入る先生ばかりではありません。開業医であれば、郡市医師会が委託を受けている予防接種や健康診断について、自分の診療所でも受け入れられるようにしなければ、といった現実的な理由が入会のきっかけになることも多いでしょう。

道永常任理事(以下、道):でも、実際に医師会に入ってみると、地域の医療現場の問題がいろいろ見えてくるんですよね。そこに問題意識を持って、「じゃあ自分が活動することで医療をより良くしよう」と感じた人が、医師会の活動に積極的に関わってくれるようになるんです。

今:私も、はじめはたまたま当番で医師会の役員になったんです。でも、実際にやってみると、「どうしてここを直さないの?」「もっと改善できるんじゃないの?」と、気づくようになる。で、それを周りに言っていると、「じゃあ、それ先生のお仕事ね」と言われて、私の仕事になるわけです(笑)。だから、はじめから高い理念を持つ人ばかりではないけれど、「おかしいな、こうした方がいいな」という問題意識を持った人が主体的に関わることで、医師会活動が成り立っているんです。

B:医師会には開業医が多く、勤務医が少ないのはなぜですか?

今:まず、医師会員の約半分は勤務医であり、開業医が特別多いわけではありません。しかし、勤務医の中に医師会に入会しない人が多いのは事実です。理由として、さっき挙げたような現実的な理由がないことと、医師会が何をやっているか知らないことがあるのではないでしょうか。かくいう私も、勤務医時代は医師会に全く興味を持っていなかったし、新聞やニュースで「医師会は開業医の圧力団体で…」と書いてあるのを鵜呑みにしていたくらいですから(笑)。

C:では、今勤務医で医師会に入っている先生方はどうして入られたんですか?

今:医療は大規模病院だけで完結するものではなく、地域の医療機関と連携して患者さんを診ることが求められるからです。そうした病診連携をスムーズに行うためには、普段からの医師どうしの交流や情報交換が必要になる。だから大規模病院の管理職の先生の多くは医師会に入っていますね。

D:新聞やニュースなどのマスコミで取り上げられているのを見て、医師会に対してマイナスのイメージを持っている人も多いように感じています。今回の座談会に友人を誘ってみても、興味を持っている学生もいれば、ちょっと一歩を踏み出しづらいという学生も少なくありませんでした。

今:そうですね…私ですらそう思っていたくらいですから、学生さんはなおさらそうでしょうね。医師会も、定期的な記者会見を行うなどメディア向けの情報発信はしているのですが、官僚や政治家と同じで「ここを叩いておけば間違いない」存在ですから、なかなか私たちの活動を肯定的に報じてくれないという部分はあります。だからこそ、地道な情報発信を続けていかなければならないと思っています。

道:けれど、医師会も最近は随分変わってきているんですよ。

A:具体的にはどのように変わってきたのでしょうか。

今:例えば、以前の医師会には、若干ですが「身内に甘い」雰囲気があったかもしれません。医療倫理に反した行為に対する処罰・処分に関して、仲間をかばうような雰囲気もあったと聞くことがあります。また、勤務医の労働環境改善にしても、病院経営者にとってはデメリットになりますから、あまり積極的に取り組んで来なかった側面もあったのではないでしょうか。
しかし近年では、勤務医や研究者を含めた多方面からの提案が採り入れられるようになってきています。例えばこの『ドクタラーゼ』という冊子で、会員ではない医学生にアプローチを始めたのも、医師会にとっては画期的なことです。他にも、勤務医の労働時間についてのガイドラインを策定するなど、広く新しい取り組みが始まっています。良い意見はどんどん取り入れようという雰囲気が今はありますよ。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら