医学生×社会人 同世代のリアリティー

女性のキャリア・ライフイベント 編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。
今回は「女性のキャリア・ライフイベント」をテーマに、未婚、既婚、子どものいる社会人女性3名(社会人A・B・C)と、女子医学生3名(医学生D・E・F)の6名で女子座談会を行いました。

今回のテーマは『女性のキャリア・ライフイベント』

一般の社会人女性はどんな仕事をしながら、いつ結婚・出産するのでしょうか?
抱えている悩みや、子育てと仕事の両立への不安など、27~28歳の社会人女性の生の声を聞いてみました。

卒業してからのキャリアと結婚のタイミング

医D:みなさん大学を卒業して6年目くらいとお聞きしたのですが、どんなお仕事をされているんですか?

社A:私は大学を卒業してからしばらく大手メーカーの会社員だったんですけど、今は退職して、大学の事務のアルバイトと日本語講師という二足のわらじでやっています。

社B:私はウエディングの会社に就職して、ウエディングプランナーをしていました。今は立ち上がったばかりの子会社で、ウエディング関係のウェブシステム開発をしています。

社C:私は社会人というのとは少し違うかもしれませんが、大学院の博士課程で日本語の文法を研究中です。

医E:みなさん様々なお仕事をされているんですね。ご結婚はされているんですか?

社C:私は一回結婚して子どもを産んでいるんですけど、その後離婚して、今はシングルマザーです。3歳半の娘がいます。

社A:私は、社会人2年目のとき、大学時代から付き合っていた相手と結婚しました。

社B:私は独身です。まだ結婚していないのは、仕事が楽しいからというのが大きいかな。

医F:私たちは医学部の5年生なので、年齢的には社会人1年目と同じなんですが、「社会に出る」とか「結婚する」とかが全然リアルに考えられないんですよね。私たちぐらいの年齢のときは、どんなふうに考えていましたか?

社B:入社当時からとても仕事が好きだったから、「結婚・出産はまあそのうち…」みたいなゆるい考え方でいましたね。結構長く付き合っていた彼がいたので、その人とそのうち結婚すればいいや、ぐらいの甘い感じで考えていました。その結果、まだ独身ですけどね(苦笑)。

社A:私は就職して1年目は忙しすぎて、結婚は現実的じゃないかもしれないと思っていました。でも結婚したいという気持ちは強かったので、最終的には婚姻届に無理やりハンコを押させた感じになりました(笑)。

医D:すごい、積極的ですね!

社C:私が結婚したのは25歳のときでした。文学部系の大学院は、博士課程を卒業するまで平均7~8年はかかるし、就職も激戦なので、結婚・出産も早いか遅いかのどっちかに分かれることが多いんです。私はたまたま修士1年の秋に付き合い始めた人が13歳年上だったこともあって、早く結婚・出産した方だと思います。

医E:医学部も、早いか遅いかに二極化するっていう話を聞きますね。私たちも、初期研修が終わるのが26歳なので、その時に結婚第一波は終わるみたいです。そこで独身だと「行き遅れ」って言われるとか…(苦笑)。

社B:ひどい!(笑)

社会人もそんなに出会いがあるわけじゃない

医F:私たちの業界だと毎日病院にいるので、全然出会いがないんですよね。社会人は出会いがあるものですか?

社B:うーん、なかなかないですね。結婚式場で働いていると、出会う男の人ってだいたい新郎様ですし(笑)。病院ほど特殊な環境じゃなくても、一般企業に勤めているからといって、安定して出会いがあるかというと、別にそういうわけではない気がしますね。

医D:お客さんは難しいとしても、社内恋愛はありそうな気がするんですが。

社B:相手が一緒に仕事をしている人だと、いい話も悪い話も聞こえてくるので、気になるだろうなと思います。どちらかが仕事でミスをしたとき、家に帰っても「ここはこうすればよかったんじゃない?」とミスについて冷静に諭されるのはちょっと嫌だなあ。

医E:やっぱり、恋人には味方になってほしいですよね。

社C:逆に医学生のみなさんは、付き合ったり結婚するなら、同じ医師がいいですか?

医D:ずっと働き続けたいと思っているので、仕事を理解してくれる人がいいなとは思っています。医師は働き方が特殊なので、それを分かってくれる人となると、結局医師同士がベストなのかなあとは考えますね。

同世代のリアリティ
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら