10年目のカルテ

子育てをしながらでも
外来も病棟も手術も全部自分で診たい

【産婦人科】池宮城 梢医師
(那覇市立病院 産婦人科)-(前編)

開かれた雰囲気の産婦人科へ

10年目のカルテ

――産婦人科に進もうと思ったきっかけは何でしたか?

池宮城(以下、池):大学の臨床実習のときは外科に行きたいと思っていました。けれど、当時女性が外科に行くのはすごく敷居が高かったんです。将来結婚も出産もしたいなと思っていたので、外科で修行して、執刀できるのは何十年も先ということを考えたら、将来のビジョンがなかなか見えてこないな…と思いました。でもとにかく手術がやりたくて、じゃあ他に手術ができる科はどこかなと考えたとき、産婦人科が候補に上がりました。当時は産婦人科の医局も女性は2割ぐらいでしたが、それでも女性にすごく優しい、開かれた雰囲気の医局でした。患者さんも笑顔で帰っていくことが多く、全体的に明るい雰囲気だったことも決め手になりました。

――現在は何を専門にされていますか?

池:全般的に診ているのですが、この病院は年間400~500件のお産を受け入れる病院なので、産科が主ですね。またここはNICUがあるので、ハイリスクの妊婦さんの受け入れも多いです。割合としては通常分娩とハイリスクが半々くらいだと思います。また、婦人科腫瘍の手術なども行います。

――産科の仕事において、やりがいや難しさはどんなところにあるのでしょうか。

池:産科医の役割は、赤ちゃんを母体から出すタイミングや、出し方を決めることです。通常分娩であれば医師はほぼ立ち会うだけですが、ハイリスクであれば、胎児のリスクと母体のリスクの兼ね合いを考え、適切な選択をしなければなりません。どちらにも負担がかからないように分娩方法を選ぶことが産科の一番の難関で、やりがいのあるところだと思います。

妊婦さんの合併症も少なくなく、例えば妊娠高血圧症候群の治療は産婦人科医の仕事です。また、腎障害や心不全になってしまった妊婦さんなどは、内科の先生にコンサルトして、治療していただくこともあります。

妊娠をする前から何らかの疾患をお持ちの妊婦さんもいます。そういった場合には検査もしますし、自己免疫疾患など専門的治療が必要なときに他科の先生につなげるのも私たちの役割です。そうやって他科に診てもらいながら、産婦人科ではそれら基礎疾患に伴う胎児のリスクを診ます。お腹の中は私たちしか診られないので、赤ちゃんに合併症や奇形が出ないかどうかを見つけていきます。

10年目のカルテ
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら