10年目のカルテ

「一人前」だと思えたのは
病院を回って経験を積んだ10年目ぐらいの頃

【産婦人科 番外編】宮本 純孝医師
(さいたま赤十字病院 産婦人科)-(前編)

卒後20年の先生に、10年目ごろを振り返りながら話していただきました。

何でも診られる産婦人科医

10年目のカルテ

――産婦人科に入局しようと思った動機は何でしたか?

宮本(以下、宮):学生時代に打ち込んでいた軟式テニス部の顧問の先生が産婦人科の教授だったんです。病院実習のときに分娩を見て感動したこともあって、そのまま大学の産婦人科に入局しました。

はじめは産科をやろうと思っていたんですが、卒後2年目に大学院に入ったとき、担当教授から「女性ホルモンと骨粗しょう症の関係」という研究テーマを与えられたんです。やってみたらこの研究が面白くて、更年期障害やホルモン補充療法といった分野に深く関わるようになりました。

――大学院を出られてからは、どのようなキャリアを積みましたか?

宮:臨床に出てからも、「専門は婦人科系の更年期あたりかな」という意識でいたんですが、最初の年に来たこの病院が、お産もがんも救急もあるっていう、まさに産科の最前線という感じの病院だったんですよね。そんな環境で様々な患者さんと接するうちに、「何でも診られるドクターになりたい」と思うようになりました。

その後、群馬県内の系列病院を1年ごとに回らせてもらいました。いくつか回ると自分に足りないところが見えてくるので、それを補うような形で勉強しましたね。例えば、早産で搬送された先の病院で何をやっているのかを勉強させてもらったり、がんセンターで専門的な手術を学んだり…と、様々な経験をさせてもらいました。

――その後、再びこの病院に戻ってこられたのですね。

宮:関連病院を回ってまた戻ってくる以上は、何かこの病院に還元できるような知識なり技術がないと…と思っていたので、「このぐらいできれば一人前だな」という自信がついてから戻って来ました。ちょうど10年目ぐらいの頃でしたね。

今の若い先生たちを見ていても、専門医資格を取るぐらいの年代になってくると、落ち着きのようなものを感じます。一般病院の産婦人科医としては、帝王切開や婦人科緊急手術、子宮や卵巣の手術などを、自分が上の立場で下の医師と一緒にできるようになれば一人前と言えるのではないでしょうか。そしてその後に、周産期専門医などといったスペシャリティが目標になってくるのだと思います。

10年目のカルテ
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら