女性のみの職場でバランスをとる
~東京労災病院 耳鼻咽喉科の働き方~-(前編)

医師の働き方を考える
今回は、女性が中心となりワークライフバランスのとれた働き方をしている実例として、東京労災病院耳鼻咽喉科の友田部長と酒井副部長にお話を伺いました。

時短勤務の先生と働くことで時間の重要性に気づく

津田(以下、津):急性期の総合病院で女性が中心的な役割を担いながら、かつワークライフバランスのとれた働き方をしているというのは素晴らしいことだと思います。女性だけの職場ということで、男性がいる職場との違いは意識されているのでしょうか。

友田(以下、友):男女の違いをすごく意識しているというわけではないのですが、私自身こちらに着任してはじめて時短勤務の先生と一緒に働くようになったことで、仕事の仕方は考えるようになりました。フルタイムで働いていれば当然、当直もありますし、夜間や緊急の呼び出しにも応じるわけですが、お子さんが小さいと、時間が来たら帰らなければならないし、朝早く来るのも難しいですよね。手術が長引いてしまったら、最後まで診ることもできない。そういう中で、どうしたら仕事を楽しいと思ってもらえるか、責任を持ってもらえるかということを考えました。

酒井(以下、酒):友田部長が着任したのは、以前ここにいた先生が産休明けで復帰し、時短勤務で働いていたときでした。私自身も時短の先生と一緒に働いてみることで、時間の重要性に気づきましたね。それまでは何となく仕事していましたが、「何時までに終わらせよう」と意識するようになりました。今現在は誰も時短を取ってはいませんが、不測の事態さえなければ、19時を目処に帰るようにしています。

津:それぞれ結婚したりお子さんがいる中で、一緒に働くとなると大事なことは何ですか?

酒:コミュニケーションはやはり大事だと思いますね。互いに気を遣い合える関係でないと、うまくいかないと思います。

津:誰かが急に担当できなくなったときに、暗黙のうちに誰かがやってくれるというような関係ですね。そうした気遣いは女性だからできるのでしょうか。

友:同性同士だからこそ気がつく部分はあるのかもしれません。ここはたまたま男性がいないから、女性同士が必要な気遣いをし合うことができているという感じでしょうか。例えば子どもが熱を出してしまったとき、お母さんを責めても仕方がないのに、男性だと「突然休まれちゃ困る」と言う方が少なくないと感じます。そういう場合は文句を言うよりも、残りの人でどうやりくりしていくかを考えることの方が大事だと私は思います。こちらに来てからは、若い先生たちが自主的に手伝ってくれるので本当に助かっています。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら