医学教育の展望
臨床実習に診療所での体験的学習を導入-(前編)

暗黙知的な臨床でのノウハウを、体験を通じて自ら学んでほしい

医学教育はいま、大きな変化の渦の中にあります。臨床研修必修化はもちろん、医学研究の成果や新しい技術の開発に伴って学習内容は増加し、新しい取り組みがどんどん進んでいます。そんな医学教育の今後の展望について、最前線で取り組んでいる教育者を取り上げ、シリーズで紹介します。

これからの医学教育に求められているもの

医学教育の展望

現在の医学教育は、広範な医学の知識はもちろん、様々なヘルスケアニーズにも応えられる人材を育てることを求められている。医学部のカリキュラムも「コア・カリキュラム」と大学の個性を活かした「選択カリキュラム」から構成できる制度になっており、地域のニーズや大学の方針を踏まえた多様な教育が少しずつ行われるようになってきている。医学教育の内容は、様々なニーズに合わせて少しずつ変わってきていると言えよう。

しかし5~6年次に実施される臨床実習は、学ぶ内容・診療科が多岐に渡ることから、1~2週間ごとに実習先が目まぐるしく変わる状況が続いている。やっと慣れた頃には次の科に移動――となってしまうため、見学に終始する場合も少なくない。

今回は、そんな臨床実習に、診療所における地域医療実習を組み入れ、地域の最前線で体験的に学ぶ機会を作る取り組みを推進している、名古屋大学総合診療科の伴信太郎教授にお話を伺った。伴先生は、日本医学教育学会の理事長として、卒前教育から卒後臨床研修、さらには生涯学習という一連の医学教育に関する第一人者でもある。

「まず、卒前教育の今後の課題としては、臨床教育をどのようにして実効性のあるものにするかという点が大きいと私は考えています。この課題を解決するひとつの手段として、大学病院などの大きな三次医療機関だけではなく、一次・二次医療機関ないしは診療所を含めた実習をコア・カリキュラムの中に組み込んでいくべきだと考え、名大で実践しているのです。」

臨床での体験が最も効果的な学習になる

医師の働き方を考える

ではなぜ、診療所などでの実習が、臨床教育の実効性を高めるのだろうか。

「実際の医療は、それぞれの現場の多様な社会的背景や、個々の患者さんが置かれた環境を踏まえ、文脈を読んだ上で行うべき『実学』です。臨床では、例えば患者さんの背景として、家庭・職場・地域といったコミュニティがどのように展開されているのかを捉えなければならないし、地域のヘルスケアのリソース数や、そのリソースは公的なものか私的なものかといった、保健・福祉や介護・生活支援といった分野との連携についても考えていかなければなりません。

しかし、学生が大学で学ぶことのできる内容は、体の問題は臓器別の診療科、心の問題は精神科というように分かれていることがほとんどです。疾患を個別に学ぶだけでは、臨床の現場で起こっていることの背景まではなかなか理解できません。しかも、現場でのノウハウには暗黙知的なものが多く、そのことについて教えられる専門家はほとんどいないのが現状です。だからこそ、大学という場にとどまらずに実際に現場に出て、総合的なヘルスケアの現状について肌で感じることが、最も効果的な学びになるのです。」

さらに伴先生は教育学の知見をもとに、次のようにも語る。

「成人教育においては30年以上前から、教育よりも学習、つまり誰かに教えてもらうよりも、『体験を通じて自ら学ぶ』ことに意義があると言われてきました。ですから教える側も、学生が体験しながら自ら学習していくような場を提供するほうがいいのではないかと思っています。これは最終的に生涯学習の考え方にもつながるし、結果的に良いプロフェッショナルが育つことになると考えています。」

参考:名古屋大学医学部5年生 臨床実習(ポリクリ)I プライマリ・ケア実習(平成22年4月~) 名古屋大学医学部教育委員会

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら