ケース・スタディ 在宅医療の現場から(1)

福島・福岡の先生方にご協力いただき、実際に学生たちが訪問診療に同行してきました。みなさんも、自分が現場に同行したところを想像してみて下さい。

学生参加のスタディ・ツアー初日。午前の外来が終わり、午後2時ごろから訪問診療を開始する。本日の1件目の患者さんは80代の女性Aさん。肝臓をはじめ、高血圧や不整脈などの基礎疾患を持っている。日常生活はある程度自立しているが、若干の認知機能の低下がみられる。また、膝に痛みがあり、整形外科への通院歴は長い。

Aさんの家は、診療所から車で10分ほど、市内では比較的利便性の高いところにある。小雨のぱらつく中、車を近くの路地に停め、足早に玄関へと向かう。木造2階建ての家の玄関を入ると、すぐ左にある居間からふわりと線香の匂いがする。普段は一人暮らしのAさんだが、この日は息子さんが一緒に出迎えてくれた。晩夏のじっとりとした空気の中、蝉の鳴き声が窓の外から響いてくる。

私たちが訪れる少し前、ずっと病院で療養していた旦那さんが亡くなったそうだ。お盆休みで息子さん家族がたまたま帰ってきていたときの急変だった。居間の仏壇には、真新しい白木の位牌と骨壷が置かれている。通夜や葬儀がバタバタと行われ、親戚や知人が挨拶に訪れたりと、慌ただしい日が続いたのだろうということは容易に想像がついた。今は多少落ち着いたのだろう、息子さんだけが家に残って、Aさんの生活の様子をみているようだ。

先生が話を聞くと、Aさんは前回に比べて、手の震えが気になるようになったという。茶碗や箸を持とうとするとき、上手くいかずにイライラするのだ、と。実際に麦茶の入ったコップを持って、その症状をみせてくれる。先生はそれをみて、パーキンソン病の初期症状かもしれないと話す。歳を取るとどうしても筋力が低下し、物を持つのが難しくなること、まだ薬を飲むほどの状態ではないことを伝えると、本人も息子さんも納得の様子だった。

息子さんの話によれば、「自分が帰ってきてから数日の間に、母がどんどん弱ってきているように見える」とのこと。葬儀が終わってから、ずっと寝たり起きたりの生活を繰り返しており、この日の朝も「起き上がれない」と漏らしていたそうだ。また、トイレに行くとなかなか出てこないので様子をうかがってみると、便がゆるいのか、間に合わずに失禁してしまっているという場面を何度か見たということだった。そんな状況をほとんど見たことのなかった息子さんは、ひどく心配になったという。葬儀の前後は常に家族が家にいたため、心配はなかったが、これからまた一人暮らしに戻っても大丈夫なものだろうかと考えると不安な様子だ。

先生は、別々に暮らしている息子さんにもわかるよう、これまでの経緯を説明する。Aさんは以前からひどい便秘に悩まされており、2種類の下剤を処方していること。ただ、食事や水分の摂取量によって便の出方も大きく変わるので、様子を見ながら本人に薬の量を調整してもらっていること。夏はどうしても脱水の症状が起こりやすいので、便が硬くなる傾向があること。本人もそれをわかって薬の調整を行っており、これまでにも失敗して何度か失禁してしまったことがあること…。その話を聞いて、息子さんはいくらか安心したようだったが、葬儀の後でAさんに疲れがたまっていることは間違いないので、仕事を休める間は少しでもAさんの面倒をみようと考えているそうだ。


在宅医療の現場から 在宅医療の現場から 在宅医療の現場から
(写真左)膝の痛みを軽減するための注射をする武田先生と、医学生の大島さん。
(写真中)まずは外来を見学。診察の際は、患者さんのことだけでなく、その家族の様子などについても話を聞いているとのこと。
(写真右)注射や、皮膚にできたイボを取る手術なども髙栁先生に見学させてもらった。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら