在宅医療に携わる様々な医師(前編)

ひとえに在宅医療に携わる医師といっても、そこに行き着くまでには様々なキャリアがあります。今回ご協力いただいた先生方のあり方から、その多様性を見ていきます。

救急の最前線から開業し、在宅医療を始める

松口 武行先生(松口循環器科・内科医院 院長)

1978年 熊本大学医学部卒業
循環器専門医・日本在宅医学会認定専門医

飯塚病院の循環器診療部長、総合診療科部長、救急部部長、集中治療室部長を歴任し、その後、1999年に松口循環器科・内科医院を開院。救急の最前線で活躍してきたという自負はあったが、開業してみるとさらにその先があることに気づかされた。「特に循環器にいた頃は、『命さえ救えばいい』という思い上がりがあったなと思い知らされました。開業は、巨大な基地から、末端で白兵戦をやるところに出てきたような感じ。患者さんの家の茶の間まで入っていくようになって、病院にいた頃よりも、より患者さんの意に沿う医療を提供しようと思うようになりました。」

そう語る松口先生だが、開業当初は在宅医療にあまり積極的ではなかった。夜間まで責任を持ちきれるだろうかという不安がまずあったためだ。けれど、患者さんからどうしてもと頼まれることもあり、往診は行っていた。そんな中で、徐々に連携できる訪問看護ステーションを見つけていった。「ステーションは、いろいろなことをしてくれます。医師は判断すべき要所で行けばいい。けれど、使う薬を説明したり、死期が近づいていることを伝えたりなど、肝心なところのコミュニケーションは医師がしっかり行っていく必要がある。こうして患者さんやその家族と、医師との信頼関係をつないでいくわけです。」

開業から4年後、松口先生は在宅医療に本腰を入れて取り組み始めた。訪問診療を続けるうち、「在宅はこれからの医療のキーポイントなのではないか」と思ったという。現在では研修医や看護学生の教育にも力を入れており、今年は自院附属の訪問看護ステーションも開設した。「鞄ひとつだけを持って行くような昔の訪問診療とは違って、在宅医療につかわれる機器やデバイスも高度化されています。これは『古くて新しい医療だ』と感じました。在宅医療は、今後明らかに必要になってくる分野ですし、医師が責任を持って担うべきところだと考えています。」


患者やその家族にも、緩和医療の考え方を

渡邉 睦弥先生(竹田綜合病院 緩和ケア科・精神科)

1991年 東京医科大学医学部卒業
日本緩和ケア学会 暫定指導医

外科医から緩和ケア医に転向。ホスピスでのケアの経験を経て、鍼灸や漢方療法についても学んできた。現在は竹田綜合病院の緩和ケア科・精神科に在籍しており、外来・在宅での緩和ケアに加え、精神科で漢方外来も務める。がん拠点病院に所属する緩和ケア医が、病院内でのケアだけでなく在宅まで行っている事例は珍しい。「手の施しようがなくなった後に、外科や腫瘍内科から緩和ケア科に引き継がれることが多いので、緩和ケア医が患者さんとかかわれる時間はどうしても短くなります。たった2週間ほどの中で、患者さんとの信頼関係をどのように築いていくかが大きな課題。だから僕らはある意味乱暴で、会ったその日から患者さんのパーソナリティーにずかずかと踏み込んでいかざるを得ないところがあります。」

だからこそ渡邉先生は、普段から患者さんと接している地域の先生たちと連携しながら治療を行っていきたいと考えているという。継続的に信頼関係を築いてきた先生方がイニシアチブをとり、緩和ケア医は専門的な観点から提案をするような関係が望ましい、と。今がその連携体制を築き上げる過渡期であり、患者やその家族、ひいては国民全体に緩和医療に対する考え方を広めるところにもかかわっていかなければならないと感じているそうだ。

「終末期では、患者さん自身だけでなく家族が病気を受け止めきれない場合も多いです。そういう場合も、できる限り患者さんと家族の不安を引き出すような会話を心がけています。そういうコミュニケーションには、やはり在宅医療という場がふさわしい。周りの風景やそこにあるもの一つひとつに、患者さんを語るものがたくさんある場で、患者さんの思いに寄り添った治療をしていくこと。これこそ、今後のプライマリ・ケアを担う医師に求められるものだと感じています。」


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら