医学生×美大生 同世代のリアリティー

芸術の分野で生きる 編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。今回は「芸術の分野で生きる」をテーマに、美術大学に通う3名(美大生A・B・C)と、医学生3名(医学生D・E・F)の6名で座談会を行いました。

今回のテーマは『芸術の分野で生きる』

医師とはまた違った専門性をもつ「作家」や「クリエーター」を目指す美大生。全く異なる世界のように見えますが、その学生生活や将来への展望には医学生と似たところも少なくないようです。

ファイン系とデザイン系?

医D:美大というと、絵を描くのかな、くらいのイメージしかないのですが、大学ではどんなことをやっているんですか?

美A:美大といっても様々な学科があって、絵画や彫刻などの作品を作る「ファイン系」と、紙面・空間・建築・映像などのデザインを扱う「デザイン系」という2つの系統に大きく分かれています。私は油絵学科なので、ファイン系です。

美B:私も同じく油絵学科です。将来は地元に帰って美術の先生になりたいと思っているので、教職の授業も取っています。

美C:私はデザイン系です。工芸工業デザイン学科というところで、カーテンなどの布地のデザインを専攻しています。

医E:美大を受験しようと思ったのはいつですか?

美A:私は小学校2年生の時から近所の絵画教室に通っていたこともあり、絵を描くのが大好きで、中学生の頃には何の迷いもなく美大に行こうと決めていました。美術系予備校の近くの高校を受験して、高校に通いながら毎日その予備校で絵を描いていましたね。

美B:私が美大受験を決めたのは高校のときです。当時は音楽と美術を掛け持ちしていて、どっちの道に進もうか迷っていました。部活は音楽系で、強豪校だったから、音大に行く人も多くて。ただ、音楽はやっていてつらかった。対して美術は、時間も食事も忘れて没頭できたんです。これは一生やっていけるっていう証拠なんじゃないかと思って、美術を選びました。

医F:やっぱり「絵が好き」っていう気持ちが強いんですね。逆にデザイン系は、中学・高校のときに、どんなことをするのかイメージしにくいんじゃないでしょうか?

美C:そうですね。私ははじめ美大を目指してはいませんでした。ただ、高校に入ったときには「ものづくりがしたい」という漠然とした目標がありました。それで工学部を目指したんですが、私は理系科目がとても苦手で先生にも無理って言われて…。どうしようかなと思っていたら、親が「美大でもものづくりはできるよ」と教えてくれたんです。それで美大を受験しました。

美大生のキャリア 〜作家か、就職か〜

医E:美大を出た後は、どんな働き方をすることになるんでしょうか?

美A:ファイン系は、やっぱり作家を目指す人が多いです。医学生は大学に入る時点で医師になるって決めているんだと思うんですけど、私たちのなかには、「絵が好きで、自分にはそれ以外ない」という感覚で美大に来る人が多いので、働くということを真面目に考えている人はあんまり多くないですね。

美B:油絵学科は入学するとまず「あなたたち、就職先なんて本当に全然ないよ」って言われるんです(笑)。私たちも、絵を描いて生きていくにはどうすればいいかという考え方なので、無難なところで教員免許を取る人は多いですね。作家になれなくて、就職もできなかったときに、免許さえ持っていれば美術の先生ができるから…と。

美A:高校時代は、周りの人はほとんど一般の大学を目指していたので、私たちって特別な存在だったんです。でも美大に入ってみると、周りもみんな作家を目指している。そういう中にいたら、「自分はなぜここにいるのか」をすごく考えさせられましたね。私は考えた末、生活していけるかどうかわからない作家を目指すより、就職したほうが向いてるんじゃないかと思いました。来年からは美術系の専門学校の運営部門で働く予定です。

美C:デザイン系は少し感覚が違って、美大に入った時点から将来を意識している子が多いと思います。家具や車といった商品のデザインなら、一般企業に就職することもできるので、やりたいことをやりつつも食べていけるんじゃないかと。私は来年からインテリアのファブリックを作る会社に就職することが決まっています。

同世代のリアリティ
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら