産科医としての臨床経験を活かし、
公衆衛生の分野で管理職として働く
~新潟県村上地域振興局 佐々木 綾子先生~
(前編)

医師の働き方を考える 医師の働き方を考える
今回は、勤務医から公衆衛生の分野に転向し、新潟県村上地域振興局の局長として幅広く行政の業務を担っている佐々木綾子先生にお話を伺いました。

産科医から保健所の所長に

秋葉(以下、秋):先生は産婦人科の勤務医としてずっと働いていらっしゃったそうですね。

佐々木(以下、佐):地域の約260床ほどの病院で、産科医2人体制でお産をやっていました。40代後半になり、3人の子どももみんな親元を離れたころ、このまま厳しい勤務環境でやっていけるのかなと漠然と思っていました。そんなある日、大学の英文科に進学した長女が、「私、10年後は何をしているかわからないわ」と漏らしたんです。私、その言葉になんだか嫉妬してしまったんですね。

秋:医師は10年後も医師ですものね。

佐:もちろん、それは素敵なことです。けれど、私も娘に負けずに新しいことをやってみたいと思いました。ちょうどそのとき、村上保健所に席があるというお話を頂いて、じゃあやってみようと決意したんです。はじめは、この仕事を10年続けたら何ができるかなと思っていたのですが、まさか保健所の所長から地域振興局の局長に昇進するとは思ってもいませんでした。医療職で局長というポジションは県で初めてです。

保健所の仕事とやりがい

秋:具体的にはどのようなお仕事をされているんでしょうか?学生さんにとって保健所の業務というと、感染症対策などのイメージが強いかと思いますが。

佐:時代の変化とともに、仕事自体も変わってきました。感染症対策ももちろんありますが、今特に力を入れているのは災害に備えた危機管理ですね。他には、高齢化が進んだ地域なので、救急医療や高齢者医療の仕事が多いです。市町村と県とのネットワークづくりが重要ですね。

秋:学校などの地域の施設に出て行って、性感染症などに関する講演をなさっているとか。

佐:はい、主に夏休み前の時期に県内の中学校や高校に出張して、講演を行っています。というのも、私がまだ勤務医だった15~16年前、新潟は中高生の人工妊娠中絶や性感染症が多い地域だったんです。妊娠した子や病気になった子を診ていたら、「もっと避妊や病気のことをわかっていたら、こんな目に遭わなかったのに」と感じました。病院で働いている間はそんな時間はなかなか取れなかったけれど、保健所ならもっと指導に費やす時間をとれるのではないかと思ったのが、この分野に転向したきっかけでもあります。

秋:産婦人科医としての経験に基づいたお話ですから、聞く方にも響くでしょうね。

佐:臨床を23年間やってきて、女性の健康や思春期の子どもたちを診てきたことがベースにあるので、私はやっぱり他の保健所長とは違うと思います。行政のプロとしては、はじめから行政職として働いている方たちの足元にも及びませんけれど、私は私の経験を活かして仕事をしています。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら