EPISODE #01 精神科救急(前編)
横浜市立大学附属 市民総合医療センター

自殺未遂で運ばれた救急患者が、再び自殺を図ることの無いよう適切な治療をしてほしい

我が国では年間3万人近くの人が自殺で亡くなっているが、自殺未遂の件数はその10倍と言われる。そして、自殺未遂者が再び自殺を図るリスクは、そうでない人の10倍と言われる。しかし、救急搬送された自殺未遂者は、外傷や薬物中毒の治療が終わると、精神的な治療・ケアを受けないままに退院してしまうことが多い。そのため、再び自殺を図って救急搬送されてくるという事例も少なくない。自殺未遂者が再び自殺を図るという悪循環を減らすためにはどうすればいいだろうか?



問題と解決策

▶救命救急センターで精神科的アプローチができるようにしよう

自殺未遂者の身体的な管理だけをしても再発や背景にある精神疾患の治療に結びつかない。早期からの関わりによって、自殺を図った経緯やその背景などに適切に介入できるだろう。


PLAN
 ▷救命救急センターに精神科専門医を所属させる
 ▷救命救急センターにおいて臨床心理士が患者のケアに関わる
こんなチームで取り組む

精神科医の日野先生と臨床心理士の伊藤さんは、同病院の精神医療センターの所属でありながら、高度救命救急センターに常駐。センター内をラウンドし、搬送されてくる自殺未遂の患者さんに対応している。


▶背景にある精神疾患の治療・介入に継続性を持たせよう

自殺企図の直後の患者さんの精神状態や、どのようにして自殺に至ったかなどの情報を、病棟看護師や医療ソーシャルワーカーに共有することで、転科・転院先でも適切な治療が受けられるだろう。


PLAN
 ▷カンファレンスに病棟看護師が参加する
 ▷カンファレンスにソーシャルワーカーが参加する
こんなチームで取り組む

医療ソーシャルワーカーの安藝さんが担当する患者さんは8〜9割が高度救命救急センターの患者さんで、そのうち約1〜2割が自殺企図の方だという。


▶自殺未遂者に関わる医療者が、
精神疾患やその患者に対する偏見(スティグマ)を持たないようにしよう

精神疾患や自殺に対する偏見は医療者の中に少なからず存在しており、それが適切な治療の妨げになることがある。概して精神疾患に対する知識不足がその原因となることが多く、適切な知識や対処方法を知ることで治療の質を上げることができる。


PLAN
 ▷救命ICU・救命病棟の看護師に、自殺未遂者への対応を教育する
こんなチームで取り組む

日野先生が診察に行く際は、必ず救命ICUや救命病棟の看護師さんと情報を共有しておくようにしている。


チームメンバー
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら