EPISODE #02 創傷治療(前編)
新須磨病院

糖尿病足病変で足を切断しても、歩けるようになりたい

糖尿病の合併症として、足の潰瘍や壊疽(足病変)を起こす患者さんが増えている。特に末梢神経障害や網膜症を併発すると、痛みの感覚が低下し、視力も下がるので、症状が悪化するまで潰瘍や壊疽に気がつかない患者さんも多い。足病変が進行した場合、足の切断も免れない。足の切断は、QOLが低下するのみならず、寝たきりになれば潰瘍や壊疽の再発のリスクは高くなり、運動量が減るので糖尿病も更に進行するなど、生命予後は低下する。

足を切断しても、歩けるようにするためにはどうすればいいだろうか?



問題と解決策

▶まずは足病変の適切な治療が必要だ

血流が悪くなることで潰瘍や壊疽を起こすので、血管外科によるバイパス術や形成外科による再建術を適切に組み合わせる必要がある。欧米にはPodiatry(足病医)という、診断から治療まで行う足病変専門の国家資格があるが、日本ではその分野はないため、診療科を横断した協働が重要となる。


PLAN
 ▷血管外科医と形成外科医が協働できる診療体制をつくる
 ▷歩行をゴールにした治療方針を立て、それを共有する
こんなチームで取り組む

血管外科医1名と形成外科医3名、計4名の医師が、3つの外来診察室を交互に行き来しながら治療・処置を行っている。


▶適切な装具を提供することで歩行を可能にし、再発を防ごう

足の一部分に負荷がかかるような装具では、その部分の血流が低下し、再発してしまう。そのため、足専門の装具士がそれぞれの患者さんの足の切断や形状に合わせて装具を製作し、歩行可能にすることで、再発を防ぐ必要がある。また外は靴を履き、家の中では靴を脱ぐといった日本の住環境に合わせた工夫も必要となる。


PLAN
 ▷チームに足専門の義肢装具士を入れる
 ▷患者さんに合った装具をオーダーメイドで製作する
 ▷日本の住環境に合った工夫をする
こんなチームで取り組む

装具士の山口さんは、義肢・装具製造販売を手がける京都の会社の社員。様々な病院に出張し、患者さんの足に合わせた装具の製作を手がけるスペシャリストだ。


▶再発防止のための継続的なフットケアをしよう

看護師が、自宅でのケアの方法や気をつけるべき点などを患者さんに伝えることで、足病変の再発を防ぐことができる。


PLAN
 ▷フットケアの指導ができる看護師をチームに入れる
こんなチームで取り組む

短い外来診療時間の中で、患者さんがどういう生活をしているかを知り、適切なアドバイスをすることが求められる看護師。ちょっとした会話が情報源となる。


チームメンバー
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら