EPISODE #03 血管内治療(前編)
済生会西条病院

この地域で心臓病や血管病を診察・治療してほしい

愛媛県東予地区に位置し、約15万人の人口をかかえる西条市。数年前まで心臓カテーテル検査を受けられる施設は1つしかなかった。心疾患は我が国の疾患別死因の第2位であり、末梢動脈疾患が増加の一途を辿る中、患者および住民の高齢化、核家族化が進んだこと、公共交通インフラの脆弱化にともなう遠隔地への通院が年々困難となってきていることから、地域完結型医療に対する要望が高まっていた。10年目の循環器科医が、一つの病院で血管内治療ができる体制を作るにはどうすればいいか?



問題と解決策

▶血管内治療(カテーテル治療)に携わるスタッフを育成する

血管内治療は技術と経験を持ったスタッフが連携しなければ行えない。さらに治療後の急変もあり得るため、病棟スタッフに対する教育も必要であった。特に医師1名をコアとしたユニットでどのように急変時の対応を行い、スムーズな治療をし、患者対応を行うかを検討した。


PLAN
 ▷クリニカル・パスを作成する
 ▷毎週カンファレンス+ミニ勉強会を開く
 ▷比較的難易度の低い検査・治療で自信をつける
こんなチームで取り組む

金子先生の着任から1か月で血管撮影室を改築、2か月目から治療を開始した。スタッフに経験者はほぼおらず、使用済の材料を水洗いし、毎週練習を重ねた。


▶治療に関わることのできるスタッフを複線化する必要がある

血管疾患は可能な限り、24時間受け入れる必要がある。一人でも多くのスタッフが治療に習熟し、人員的な余裕を作らねば対応できない。また定時の手術もスピードアップし、可能な限りスタッフが定時帰宅できるようにしなければ続けられない。


PLAN
 ▷習熟しつつあるスタッフの「定住化」と「さらなる進化」をはかる
 ▷検査・治療件数を増やし、「定数増」を実現
 ▷職種を越えた屋根瓦方式の勉強会が自然に生まれる環境づくり
こんなチームで取り組む

スタッフはみんな仕事をしながら家事や育児もするお父さんお母さんで、時間がない。そこで金子先生は、物事の優先度を決めるなど、効率よく仕事をする方法を伝えてきた。


▶院内他科・地域の開業医と連携して患者さんの治療を行う

地域では大学医局の特性から「循環器科=高血圧や呼吸器疾患の診療」というイメージが強く、血管内治療を中心に行う認識が乏しかった。さらに院内で予算や人材資源を得るためには症例数・売り上げ双方の実績を上げねばならなかった。


PLAN
 ▷血管内治療と連携医療の利点をプレゼンテーションする
 ▷関連診療科にかかっていて心臓・血管疾患を合併した患者さんに対して積極的に、
  完璧な治療を行い続ける
 ▷連携医からの診療依頼を可能な限り受け入れる
こんなチームで取り組む

社会福祉課地域医療連携係は、医療連携のみならず市民啓蒙活動も行っている。「顔の見える連携」を合言葉にMSW同士のつながりも構築しつつある。連携医療機関への報告は電話で「すぐに」行い、退院後も看護・服薬・リハビリ指導が継続できるようにした。


チームメンバー
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら