医学教育の展望
地域のニーズに応じた
継続的な多職種連携教育-(前編)

地域の課題解決に携わりたいという医療職を増やしていきたい

医学教育はいま、大きな変化の渦の中にあります。臨床研修必修化はもちろん、医学研究の成果や新しい技術の開発に伴って学習内容は増加し、新しい取り組みがどんどん進んでいます。そんな医学教育の今後の展望について、最前線で取り組んでいる教育者を取り上げ、シリーズで紹介します。

地域の課題に応える多職種連携教育

今号の特集でも取り上げたように、多様化する医療ニーズに応えるためには、様々な職種が連携して問題解決に取り組むことが必要である。しかしこれまでの医療専門職養成は、職種間の連携を強く意識したものではなかった。その中で、現場のニーズに応えて多職種連携教育(Interprofessional Education,IPE)に取り組む教育機関が増えてきている。中でも札幌医科大学は、1年次から4年次までの一貫した多職種連携教育の実践に取り組んできた。北海道が直面している地域医療の課題を踏まえつつ、継続して地域に出向き、現場で多職種連携の必要性と意義を実感しながら学ぶのだ。今回は、この教育プログラムを担当する札幌医科大学医療人育成センターの相馬仁先生にお話を伺った。

医学教育の展望「北海道における地域医療の課題のひとつは医療職の偏在です。北海道は広く、拠点となる都市もそれぞれ遠く離れています。札幌などの大きな都市は医療資源も豊富ですが、都市から離れた地域では、医師はもちろん看護師や理学療法士、作業療法士など、他の職種も十分に揃っているとは限りません。ですから、それぞれの地域のニーズに応じて、限られた人材が少しずつ役割を変えながらうまく連携し、『地域完結型』の医療システムを作る必要があるのです。」

さらに、そうした僻地では別の課題も出てきている。

「隣の家までの距離が2~3kmというような地域は、移動手段が車に偏り、運動不足から来る肥満などの生活習慣病が問題になっています。実際に地域の協力を得てデータを取ると、中学生・高校生くらいから、腹囲だけでなくコレステロール値や血糖値の上昇が見られるなど、若年層でも生活習慣病のリスクが高まっている状況です。こうした現状を改善し、住民が健康に暮らせるようにするためには、その地域の医療職はもちろん、行政や福祉も巻き込んで協力しながら予防医療を推進していくことが重要になります。」


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら